うるの拓也の電子書籍シリーズ各巻好評発売中!(詳しくはプロモサイトで!!)

イバライガー連載小説

エモーションの謎。オーバーブーストの危険性。戦いの先に待ち受ける運命。それを知りつつも立ち向かおうとする二人の覚悟を受け ...

イバライガー連載小説

近づく決戦の気配の中、ジャークの動きを探り続けるソウマとイバライガーたち。そんな中、ナツミと初代イバライガーは密かにシン ...

イバライガー連載小説

暗殺兵器ダークモラクルを捕らえる作戦が始まった。毎度のことながら喧嘩ばかりのミニブラとミニR。だが、自分たちを本当の人間 ...

イバライガー連載小説

イバライガーたちのセンサーをかいくぐるステルス機能を持ち、忍者のように忍び寄るダークモラクルを捕らえるため、ナツミは自ら ...

イバライガー連載小説

解放されたナツミを交えての会合が始まった。最終決戦、超巨大意識体、エモーションの正体。そして真のジャーク「ダーク・リディ ...

イバライガー連載小説

新たなイバライガーとなったPIASの力でナツミの救出に成功したシンたち。回復したナツミによって語られるジャークの秘密とは ...

イバライガーコラム

35話コメンタリー オープニング 雨の墓地でうなだれるソウマ。すごいありがちなシチュエーションなんだけど、一度やりたかっ ...

イバライガー連載小説

(←第36話前半へ) Bパート 「そんな……ことが……!?」 「うん。賭けには違いないんだけど……あり得ないってわけでな ...

イバライガー連載小説

(←第35話後半へ) OP(オープニング)  ルメージョは、周囲を見回した。  目の前にいるのはイバライガーRだけだ。他 ...

イバライガー連載小説

(←第35話前半へ) Bパート  雨に打たれていた。季節は……真冬らしい。普通なら凍えて身動きもできなくなるはずだけど、 ...

イバライガー連載小説

(←第34話後半へ) OP(オープニング)  冬の冷たい雨が、墓石を濡らしていた。  コートには撥水処理が施されているが ...

イバライガーコラム

第33話コメンタリー 私たちの心のかけら ハイパーイバライガーの力を使えるようになった初代。ただし、これは本当のハイパー ...

イバライガー連載小説

(←第34話前半へ) Bパート  台本を、読み終えた。  夢中だったのとステージの照明のおかげで気付かなかったけど、もう ...

イバライガー連載小説

(←第33話後半へ) ■OP(オープニング)  屋外に出た。息が白い。それでもカオリは、冷たい空気が気持ち良いと感じた。 ...

イバライガー連載小説

 ようやく33話、中盤最大の戦いが終わった。  これでひと段落。  この後は、他の四天王たちとの決戦、そして、まだ影すら ...

イバライガー連載小説

(←第33話前半へ) Bパート  イバガールのクロノスケィルをすり抜けた。  イバライガーRまで、あと約200メートル。 ...

イバライガー連載小説

(←第32話後半へ) OP  ランペイジが、次々と倒されていく。  破片ごと対消滅させているから、再生もできない。  シ ...

イバライガーコラム

第31話コメンタリー フェアリー このエピソードは、大きく変わった。当初の予定では、前回のブラックによってイバライガーR ...

イバライガー連載小説

(←第32話前半へ) Bパート  さっきのアラート。ルイングロウスが動き出したか。ワカナたちも出発したらしい。  自分も ...

イバライガー連載小説

(←第31話後半へ) OP  パイプを循環する体液。脈動するジェネレータ。  かつてのPIAS基地は、今や巨大な1つの生 ...

スポンサーリンク