うるの拓也の電子書籍シリーズ各巻好評発売中!(詳しくはプロモサイトで!!)

イバライガー連載小説

 ようやく33話、中盤最大の戦いが終わった。  これでひと段落。  この後は、他の四天王たちとの決戦、そして、まだ影すら見えていないラスボスとの戦いへと進んでいく。  なので、ここでちょっと、ここまでのエピソードを俯瞰してチェックできるようにまとめてみた。  あ、ネタバレになっちゃうから、まだ未読の ...

イバライガー連載小説

(←第33話前半へ) Bパート  イバガールのクロノスケィルをすり抜けた。  イバライガーRまで、あと約200メートル。ここから先は敵中突破するしかない。 「ワカナ、ダイヴァーを止めるなよ。止めたら囲まれてなぶり殺しにされる!!」 「わかってるわよ! こんなトコで止まれるわけないでしょ!!」  すぐ ...

イバライガー連載小説

(←第32話後半へ) OP  ランペイジが、次々と倒されていく。  破片ごと対消滅させているから、再生もできない。  シンはまだ、ここにはいない。力はセーブされているはずだ。  それで、この威力。  これがイバライガーRの新たな力……レディアンスか。  攻撃をかわしてRが飛ぶ。フェアリーと並んだ。 ...

イバライガーコラム

31-1/フェアリー このエピソードは、大きく変わった。当初の予定では、前回のブラックによってイバライガーRが新たな力を得て復活し、その後ルメージョの愛と憎悪の物語を経てイバガールの覚醒が起こる、という構成だった。けどね、この31話を実際に書く段階まで来て、その後のことを考え直したときに、Rはともか ...

イバライガー連載小説

(←第32話前半へ) Bパート  さっきのアラート。ルイングロウスが動き出したか。ワカナたちも出発したらしい。  自分も一刻も早く行かなきゃならない。  なのに、未だに何もできない。  まだBLとか言われてんだろうなぁ。おい、R。ヤバイぞ。ブラックもだ。ほっとくと、あいつらの妄想がどんどん広がってい ...

イバライガー連載小説

(←第31話後半へ) OP  パイプを循環する体液。脈動するジェネレータ。  かつてのPIAS基地は、今や巨大な1つの生き物と化していた。  その胎内では、今も『端末』が生み出され続けている。カプセル……というよりも、もはや内臓と呼んだほうがしっくりくる器官から、ぬらぬらとした塊が吐き出される。羊膜 ...

スポンサーリンク