うるの拓也の電子書籍シリーズ各巻好評発売中!(詳しくはプロモサイトで!!)

営業編

 ちゃんとした見積書を書いたことがある漫画家って、どれくらいいるんだろ?  ボクは毎回見積りしているけど、それは広告漫画の仕事をしているからで、出版社でフツーに描いてたときには、見積りなんか考えたこともなかった。  でも今は逆。  見積りを考えずに請け負うなんて、おっかなくて出来ない。  見積りとは ...

営業編

 それなりの仕事を引き受けるときには、企画書ってヤツが必要になることがある。  いや、漫画を描いてくれってオーダーなんだから、漫画を描けばいいに決まってるだろ、企画はすでに終わってるだろ、漫画家が出すのならネームだろ、と思いたいところなんだけど、企画書ってそういうコトじゃないのよ。  えっとね、近い ...

営業編

 漫画の仕事でも「コンペ」に参加して「オリエン」を受けて「プレゼン」するってことはある。  つまり「制作者の競合」に参加して「仕事内容や依頼条件の説明」を受けて「自分こそが最適だとアピール」するわけ。  まぁ、ぶっちゃけて言えば、同業者とバトルして、一番良かった人に実際に発注されるってコト。  元々 ...

イバライガーコラム

 小説イバライガーの9~10話に関する筆者コメンタリー。  ここから生意気でヤンチャなミニブラックが登場する。ここまでイバライガーたちヒューマロイドは、どこか人間と違う印象で、あまり感情的なシーンを描かずに来たんだけど、ミニブラはね、最初っから飛ばしてくれるし、ステージショーでの印象とあまり変わらな ...

イバライガー連載小説

(←第10話前半へ) Bパート  人間の世界は、まだよくわからないが、ここは『駅ターミナル』というところらしい。  人が多い。もっとも、みんな逃げ去っていくから、今は周囲には誰もいない。遠巻きに囲んでいるTDFとかいう連中だけだ。  たまに銃撃が来る。それは全てはね返した。 「てめぇらぁああ! ふざ ...

イバライガー連載小説

(←第9話後半へ) OP(アバンオープニング)  雨の中を、子犬が歩いていた。  ゴールデン・レトリバーの雑種。まだ四肢はむくむくとしていて、生後数カ月といったところだ。  ひとりぼっちだった。  ついさっきまでは、母犬や飼い主の少女と一緒だった。  ほんのちょっと目を離した隙にはぐれてしまったのだ ...

スポンサーリンク