自分の作品を売るのではなく、依頼主の成果に貢献してこそ広告漫画

2018年1月5日

 広告漫画は販促物だ。

 漫画だけど、チラシとかポスターとかパンフレットなどの類いなのだ。
 だから普通は無料の配布物。

 つまり漫画は売り物じゃない。
 別なモノを売るための道具なのだ。

 ものすごくカッコいい道具でも、道具として使いづらかったり、役に立たなかったりしたら本末転倒だ。
 広告漫画を手掛けるときは、そのことをよく考えないといけない。

 え、役に立たなくてもカッコよければ正義?

 い、いや、オタク的にはそ~かも知れないんだけど……そういうわけにもいかないのよ。
 シュミじゃなくて仕事なんだから。

 シュミな部分を出してもいいけど、仕事は仕事でこなさなきゃならんのよ。

そもそも本当は『広告がほしい企業』なんて存在しない

 ええ、存在しませんよ。

 漫画だけじゃない。
 普通の広告だろうが、パンフレットだろうが、WEBサイトだろうが、とにかく企業はそんなモノは欲しがってない。

 だって企業が欲しいのは「利益」だから。

 漫画も含めてモロモロの全部は、利益を生み出すための道具に過ぎないのだ。
 それらがなくても十分に利益が上がるのなら、いらないのだ。
 でも、それらがないと大抵は上手くいかないから作っているのだ。

 そんなのアタリマエじゃん、と言われそうだけど、このアタリマエが実際にどういうことなのかは、意外にわかってないもんなんだよ。

 これをちゃんと考えていくと、広告を作る、広告のために漫画を描くとはどういうことかが見えてくる。

 それが見えているかどうかは、仕事をしていく上ですごく大きな差になるんだ。

 まず、漫画家は漫画を描けばいいというだけじゃなくなる。

 だって漫画が欲しいわけじゃないんだもん。
 どんな漫画を仕上げたって、ソレ自体は目的じゃなくて手段なんだもん。

 普通、漫画を描くときには、面白くていい作品にすることに全力を傾ける。
 それは漫画家の本能みたいなモノだけど、ビジネス的に言えば「面白い作品にするのは作品自体が商品」だからだ。
 面白さ=商品価値なんだから、そこに力を注ぐのはアタリマエだ。

 けれど広告用の漫画では、漫画そのものは売り物じゃないのだ。
 売り物じゃないモノがどんなに売れても意味がないのだ。

 じゃあ、広告漫画の役目は何なのか。

 それは「漫画を使って企業の利益に貢献すること」だ。

 漫画がどんなに面白くても、売上や反響(漫画の反響じゃなくて企業や広告商品の反響)につながらなければ、企業にとっては失敗作ということなんだ。
 極論を言えば、漫画がクソつまらなくても、そのクソのおかげで商品が売れたというなら、広報の仕事としては成功なのだ。

 ただ、普通はそういうことはない。
 やっぱり漫画も漫画として面白くないと商品は売れない。だからアレコレ工夫しなきゃならない。
 でも、それは漫画を面白くするためだけじゃなく「商品を売るために面白くなきゃならない」からなのだ。

 この視点で考えられるかどうかは、結果に大きく影響する。

「○○さんに描いてもらったおかげで売れました!」だったら、その評判は後々大きな力になるけど「予算割いて漫画使っても売上は大して変わらなかった」だったら、もうやらないでしょ。

 萌えキャラ使ったポスターがめちゃくちゃ人気になっても、そこで宣伝しているモノが売れなければ、企業的にはタダの赤字。
 そんなモンいつまでもやってられない。
 たまに、マンネリで飽きられないための苦肉の策で漫画やイラストを使うことはあっても、それほど期待はしなくなる。
 期待されてないから、ボクらの仕事もギャラも増えない。

 そういうことじゃ困るのだ。

 漫画を使ってよかった、これからも漫画に期待したいと思われなきゃいかんのだ。
 そういう作品を作っていくには、本質の部分をちゃんと見据えていないとダメなのよ。

 依頼者は、漫画なんか欲しがってないのだ。
 漫画がもたらす成果が欲しいだけなの。
 成果に貢献してなきゃ、広告漫画にならないの。

 読み終えて満足して終わり、じゃないのだ。
 読み終えた後の行動まで考える。

 目指す成果は案件ごとに違う。
 販促だったり、啓蒙だったり、学習だったり。

 誰にどういう行動をさせるか。
 そうなるように仕向ける。

 それが広告で、広告漫画も、そのための作品なんだ。
 そこを理解できていないと、いくら面白くても「広告としてはズレた漫画」になっちゃうんだ。

漫画が呼び起こす行動まで考えて描くのが広告漫画

 あ、もしかしたら「そういう商売的な部分は、広告会社や広告主に考えてもらえばいいんじゃないの?」と思う人がいるかもしれないから、オソロシイことにも触れておこう。

 漫画を発注してくる側も、ソレをわかってないことが多々ある、という点だ。

 いや、本当にそうなんだってば。
 だから中高年の女性向けの、お肌にうるおいを与える化粧品を宣伝するのに、お子様向け漫画みたいのが描かれていたりするの。

 そういう「誰がターゲットなんだ、この漫画?」って思っちゃうのを、きっと見たことがあるはずだ。
 ボクも多少描いちゃってるんだけど、本当にそういうケースがやたらと多いんだよ。

 だけど、わかってない依頼主を相手に、わかってない漫画家が、わかってない漫画を描いたら、わかってないモノになるに決まってるでしょ。

 それでいて後で「お前はわかってない」って言われちゃうわけ。
 お前もわかってね~じゃんと言いたいけど、言ったところで評価は上がらない。
 つ~か二度と仕事が来なくなるだけ。

 だから最初から、わかってない人たちを相手にするんだと思っていたほうがいいんだ。
 そして自分が防波堤になるつもりで取り組むしかないの。

 そこからやらなきゃいけないのが広告漫画なんだ。

 少なくともボクは、そう思っている。
 思ってないと採算上がらないんだよ。

 先が見えてないと、こっちに行ってみて間違って、あっちに行ってみても間違って、みたいに修正を繰り返すハメになり、終わったときには大赤字。
 やらないほうがマシだったってコトになりかねない。

 いや、そういうコトを何度も味わって「こりゃダメだ、オレが自分で主導権握らないと仕事にならんわ」と思うようになり、それが先の「アレコレ全部やる」にもつながっていくんだよね。

 そういうわけで、広告漫画を手掛けるときには、漫画だけじゃなくて、漫画が呼び起こす行動まで考えて描かなきゃいけないのよ。
 そこを考えていないと漫画ではあっても「広告漫画」ではなくなってしまうんだ。

 


※このブログに掲載されているほとんどのことは電子書籍の拙著『広告まんが道の歩き方』シリーズにまとめてありますので、ご興味がありましたら是非お読みいただけたら嬉しいです。他にもヒーロー小説とか科学漫画とか色々ありますし(笑)。