うるの拓也の電子書籍シリーズ各巻好評発売中!(詳しくはプロモサイトで!!)

営業編

 漫画家も広告業も、伝える仕事だと思うんだ。  何かを伝えるコトのプロ。  興味を持ってもらえるようにアピールするプロ。  ……のハズなんだけど、多くの人って「自分を伝える」ことは苦手なんだよなぁ。  いや、ボクもそうなんだけどね。  だからこそ、自分をどうやって伝えるかを気にしなきゃいかんと思うん ...

イバライガー連載小説

冷徹峻厳な意思と圧倒的な戦闘力を持つブラックに圧倒されるイバライガーR。ぶつかり合う2つの可能性。運命はどちらを選ぶのか……!!

イバライガー連載小説

初代イバライガーの意志と力を受け継いで出現したイバライガーRとイバガール。だが、そこに存在するはずのない漆黒のヒューマロイドが……!!

基礎編

 広告漫画は、漫画を使った大喜利だ。  クライアントから出されるお題を受けて、そのお題をネタにした漫画を描く。  一応、広告だからお題(商品だったりサービスだったり)を肯定的に扱わざるを得ないっていう条件はあるものの、基本的には大喜利と同じだと思ってる。  一定年齢以上の方は、昔テレビでやっていた「 ...

■こけしこシリーズ

  ウチではシナリオ、ネーム、作画などの段階ごとにチェックを受けて、各段階でOKが出ない限り次の段階には進まないルールでやってるんだけど、それでも作画が済んでからネームレベルの直しが出ることは珍しくない。困りものなんだけどクライアントが悪いってだけで片付けられない問題も含んでて・・・ — ...

イバライガーコラム

このコラムは、ボクの公式サイト(www.urutaku.com)上で以前に公開していた「イバライガー観察日記」という連載コラムに掲載していたものを抜粋・一部改定して再掲載したものです。 水戸コミに集まった人々が与えてくれたもの  2009年末から2010年初旬にかけてのイバライガーは、人気テレビ番組 ...

制作編

 ボクの広告漫画では、トーン処理が多い。  なんせ、モノクロ作品でもスミベタ使わない前提でやってたりするから、アレもコレもトーンで処理するってコトになりがちなのよ。  ここでも気にするのは、仕事としての採算問題。  どこまで行っても、この問題が続く。  そこを考えないと仕事じゃなくなっちゃうから。 ...

打ち合わせ編

 広告漫画は販促物だ。  漫画だけど、チラシとかポスターとかパンフレットなどの類いなのだ。  だから普通は無料の配布物。  つまり漫画は売り物じゃない。  別なモノを売るための道具なのだ。  ものすごくカッコいい道具でも、道具として使いづらかったり、役に立たなかったりしたら本末転倒だ。  広告漫画を ...

イバライガー連載小説

イバライガーの遺志を受け継いで四天王ダマクラカスンに立ち向かうシンとワカナ。二人の想いが時空を超える二人の想いが、ついに「R」と「ガール」を呼び覚ます!!

イバライガー連載小説

時空の狭間に消滅してしまったイバライガー。逆上し全てを破壊しようとするジャーク四天王ダマクラカスン。絶体絶命の危機にシンたちは……!!

営業編

 この項では、仕事を獲る、お客に選ばれるためには何をどうすればいいのかということを考えてみた。  自分にどれほど実力があったとしても、選ばれなければ力を発揮できない。 「なんでこんなヘタクソなヤツに仕事させてんだよ」とか毒づいたってダメ。  ある種の専門家を、その専門性の高さを指針に選ぶことができる ...

■こけしこシリーズ

作画担当がKDPの拙著「広告まんが道の歩き方」を漫画化してくれたPart10。広告漫画は広告の一種。だから漫画がダメでも広告としてアリなら勝ちってトコもある。でもダメな漫画を描くのは辛すぎるのでダメじゃない漫画を目指したい(苦笑) pic.twitter.com/U33eHLdP0V — うるの拓也 ...

イバライガーコラム

このコラムは、ボクの公式サイト(www.urutaku.com)上で以前に公開していた「イバライガー観察日記」という連載コラムに掲載していたものを抜粋・一部改定して再掲載したものです。 ホームページのオファー  またまたBOSS氏から連絡があったのは、2009年の11月。  ホームページのことであっ ...

ヒストリー編

(←「広告漫画家物語02」に戻る) Mac登場と独立  ボクが会社を辞めてフリーランスの道に移ったのは、デザイナーになって4年目のことだ。  彼女とは前年に結婚し、会社でも正式に主任デザイナーとなり、順風満帆とは言わないけど、それなりにマトモな日々を送っていた頃だ。  漫画広告は、継続的に作っていた ...

スポンサーリンク