うるの拓也の電子書籍シリーズ各巻好評発売中!(詳しくはプロモサイトで!!)

カソクキッズ・コラム

 カソクキッズの連載は2008〜20015年だから、これ以前にも何度もKEKを取材しているんだけど、このときはカソクキッズ本編の連載がいったん終了して、その後の外伝として『ILC特番』というのを描くことになったので、そのために改めて取材したんだよね。  なので、このときの取材はILC(Interna ...

カソクキッズ・コラム

 こっちは茨城県東海村にある加速器施設「J-PARC(ジェイパーク/大強度陽子加速器施設)」を2014年3月に見学したときのもの。  とはいえ、J-PARCはとても広いので、一度に全部を見るのは無理。  なのでこのときは、岐阜県神岡の地下1000mにある施設「スーパーカミオカンデ」までニュートリノビ ...

カソクキッズ・コラム

 2014年2月、カソクキッズ執筆のためにKEKのフォトンファクトリー(略称PF)を見学したときの写真たちが出てきたので、ここで公開してみる。  シズル感バリバリの写真が多いし、一般公開でも立ち入れない場所の写真もいっぱい(役得!)なので、こういう施設好きの人、科学好きな人なら楽しんでもらえると思う ...

1stシーズン

トップクォークって本当にクォークなのか??  25話は、素粒子関連の知識についてのおさらいだ。  おさらいなんだから、基本的にはここまでに描いたことがベースになってるんだけど、まぁ、同じことの繰り返しだけじゃ面白くないので、いくつか新しいネタも組み込んでいる。  そのために、小林誠博士に登場してもら ...

1stシーズン

キッズたちが解説役になる最終章  この24話からカソクキッズ1stシーズンは最終章。  連載当初の段階では1章5話ずつの4章構成で全20話の予定だったんだけど、そんなもんは第1章(1~5話)までで吹っ飛んじゃって、予定になかった5章まで来てしまった。  ただ、このへんまで来ると素粒子ネタも濃くなりす ...

1stシーズン

 カソクキッズは、高エネルギー加速器研究機構(KEK)のWEBサイト上で公開されている作品だ。  描いているのはボクだけど、KEKの主要コンテンツの1つでもあり、同機構の要覧などにも記載されている。  そしてKEKは、世界的な研究機関だ。  ノーベル賞学者も輩出していて、その発言には世界が注目してい ...

1stシーズン

何だかわからないからダークな暗黒物質  この22話では、暗黒物質と呼ばれるダークマターと、これまた暗黒っぽいダークエネルギーをネタにした。  最初に言っとくけど、ダークマターとダークエネルギーは、名前にダークって付いてる以外は全然別物だからね。  どっちもダークだから一緒のエピソードで登場したけど、 ...

1stシーズン

 この21話では「超ひも理論」に挑んでしまった。  いや、研究者でもなんでもない一介の漫画家が、超ひも理論を解説するなんて、我ながら無茶なことをしたもんだ。  もっとも、ソレを言い出したら全部が無茶なんだけど(笑)。  なので、これまた毎度のことなんだけど、ちゃんと解説するなんてことは、最初からあき ...

1stシーズン

重力とは「時空の歪み」だ!  この20話では、ついにブラックホールが登場した。  重力レンズ、シュバルツシルト半径、パーセクなど、SFで見慣れた科学用語を使えたから描いてて楽しかったなぁ。  もっともパーセクは、実際には本編で使ってないんだけど。  使ったのは「天文単位」。  いや、SFとか知らない ...

ヒストリー編

(←「広告漫画家物語18」に戻る) 踏み込んだからには遠慮しない!  カソクキッズ(に限らず、ウチの作品のほとんど)は、科学監修してくれているKEKの人たちを除くと、ボク自身を含む3人で描いている。  WEBコーディングの部分をカミサンがやってくれているから、完成・納品までの全工程で考えると4人なん ...

ヒストリー編

(←「広告漫画家物語17」に戻る) 高エネルギー? ナニそれ、美味しいの?  2007年11月下旬、1通の問い合わせメールが舞い込んだ。  高エネルギー加速器研究機構(以下KEK)というトコからのメールだった。  広報用の漫画を検討しているという。  あくまでも検討段階で、具体的なプランがあるわけじ ...

1stシーズン

ガイエスブルク要塞と質量  ボクが大好きなアニメ(本来は小説でそっちのほうがさらに好き)に「銀河英雄伝説」というのがある。  2人の主人公が出てくるんだけど、ボクは自由惑星同盟側の主人公「ヤン・ウェンリー」の大ファンで、架空のキャラクターとはいえ「最も尊敬する歴史上の人物」でもある。  で、その劇中 ...

1stシーズン

科学的に正しくない設定の科学的に正しいギャグ漫画  このファーストシーズン18話からの4章(全6話)は、かなり思い切ったことをやった。  地球から遠く離れた宇宙のどこかに、舞台を移しちゃったのだ。  いや、ずっと前からそうしたいと思っていた。  主人公たちをもっと冒険させたい、話を聞いているだけじゃ ...

1stシーズン

こっちの世界に来てはいけないよ  17話を描いたときのハナシ。  ネームができあがって、いつものようにミーティングを開いた。事前にみんなに読んでもらって、その後集まって問題点を洗い出したり、解決策を協議したりする。 で、そのときに言われちゃった。 「うるのサン、こっちのヒトになっちゃってますよ」   ...

1stシーズン

刻々と2マイクロ秒  KEKでは年に1度、一般公開を行っている。大抵は毎年9月の第一日曜日。  まだ夏で暑いんだけど、そうだからこそ加速器実験も少ない(大量の電力を必要とするから電力不足が案じられる夏場には控えるんだ)から、この時期に一般公開するんだろうなぁ。  で、その一般公開日には、ボクらも見学 ...

1stシーズン

あっちが神岡……  カソクキッズでニュートリノをテーマにする事にしたので、その実験に使われた場所を見学に行った。  古びた廃屋みたいな建物。  その手前には古墳のように盛り上がった地面が続いている。  その下に加速空洞が埋まっていて、この建物の地下にあるターゲット(タングステン)に陽子ビームを打ち込 ...

1stシーズン

 カソクキッズ・ファーストシーズン14話は、KEKの素粒子実験の中核とも言える「Belle測定器(ベルそくていき)」と「Bファクトリー」のことを描いた。  測定器って言っても、すごく大きいんだ。  なんせ、ビル4階分もあるんだから。  「Belle測定器」「Bファクトリー」と呼ばれているのは、ボトム ...

1stシーズン

 カソクキッズ・ファーストシーズン13話では、世界最強の加速器「KEKB加速器」のメカニックなアレコレを描いたんだけど……。  今では「Super KEKB」にパワーアップしちゃったから、もう色々と違うんだよね……。  なので、どこがどう違うのかなどを書いてみようかな。  (「Super KEKB」 ...

1stシーズン

ガマの油と反物質  ダン・ブラウンの『天使と悪魔』で、イルミナティがジュネーブの研究機関「CERN」から盗み出した反物質。  でも、イルミナティさん、実は反物質を一番沢山作ってるのは日本のKEKなんだよ。  電子の反物質、陽電子。  ソレをぶつける実験をするために作られたのがKEKの加速器。  だか ...

1stシーズン

 ファーストシーズン第11話では「放射線」を扱った。  前回までの話と関連性が強いわけじゃないんだけど、せっかく海辺にいて太陽の紫外線もいっぱいなので、ここで扱っておこうと思ったの。  まさか、この約1年後に震災と原発事故が起こって、放射能関係の知識を持っていることが大事になるとは思ってもみなかった ...

スポンサーリンク