うるの拓也の電子書籍シリーズ各巻好評発売中!(詳しくはプロモサイトで!!)

2ndシーズン

あれもこれもビーム  SFアニメ、小説、漫画などには「質量弾」あるいは「実体弾」といった呼称が出てくることがある。また、グーで殴ることを「物理で殴る」などと言うこともある。  どちらも、ビームなどの光学兵器や魔法などに対して、もっと直接的・物質的な方法を指す言い方として使われている。  が……。   ...

2ndシーズン

宇宙最初の100億分の1秒  このエピソードは、ものすごく無茶だ。  なんせ、宇宙誕生から現在までの約138億年を一気に紹介しようって企画なんだから。  (本編中では「約137億年」となってるけど、今ではその後の研究で「約138億年」のほうが正確だということになっているので、ここではそっちで書くね) ...

カソクキッズ・コラム

 なんとなくカソクキッズ関連の資料フォルダを覗いていたら、打ち合わせ中のホワイトボードを撮影した写真が見つかった。  懐かしいな〜〜、そうそう、こうだったよな〜〜と感慨にふけったりしつつ、これも面白い資料だとも思ったので、このブログで公開してみようと。  カソクキッズはギャグ漫画だけど、その保護者会 ...

2ndシーズン

新キャラ・モチダ博士登場!  セカンドシーズンでは、これまでの宇宙や素粒子ばかりじゃなく、物質や生命の謎にも挑戦しなきゃならない。  当然、その分野の解説役が必要になる。  今までカソクキッズでは、博士たちがどんな分野を専攻しているのかははっきりさせずにきた。属性を明確にしちゃうと、そこからズレたネ ...

2ndシーズン

連載再開までの1年間  このエピソードを描いたのは2012年9月。  1stシーズン完結が2011年6月だから、1年以上が経っている。  カソクキッズ再開は最初から想定されていて、1stシーズンが終わった直後から次のシリーズではどんなネタを扱っていくか、KEK内では激しい議論があったらしい。  これ ...

番外編

セカンドシーズン連載開始の予告でもあった特番  この「ヒッグス特番」を描いたのは2012年8月。  1stシーズン完結から1年2ヶ月後で、翌月からセカンドシーズンが始まるということもあって、その予告的な意味合いも兼ねている。 (セカンドシーズン再開への経緯は「2ndシーズン/イントロダクション」の記 ...

1stシーズン

1stシーズン完結記念のオマケエピソード  前回の29話で本編は完結したわけだけど、最後のオマケに楽屋オチ。  完結記念ってことで、このコラムで書いているような「カソクキッズの裏話」を描かせてもらったんだ。  だって……下手すりゃ本編より制作秘話のほうが面白いんじゃないかっていうくらいだったんだもん ...

1stシーズン

事実上の1stシーズン最終話  このエピソードは、事実上の1stシーズン最終話だ。  ようやく……ようやく、ここまで来た。  このネームは、第1話を描いたときから……いや、カソクキッズを描き始める前から頭の中にあったもの。  描き始めたときには素粒子の素の字も知らないレベルだったので、途中のエピソー ...

1stシーズン

宇宙の作り方  ぽに、たま、めが……と順に「まとめ」を発表してきたラストシリーズも、いよいよ最後のじんの番。  テーマは「宇宙の作り方」。  これ、カソクキッズの連載当初から言い続けてきた言葉で、確かに締めくくりには欠かせないんだけど……。  ……『フェッセンデンの宇宙』じゃあるまいし、そう簡単に宇 ...

カソクキッズ・コラム

 電子書籍版の『カソクキッズ』最終巻(10巻)の表紙は、今までに登場したキャラたちが勢ぞろいしてるのだけど、それを眺めていて「科学的に正しい漫画のはずなのに、随分ヘンなのいっぱい出しちゃったもんだなぁ」と、我ながら呆れるやら感心するやら(苦笑)。  なので、ちょっと登場キャラ(主にゲストのちょい役キ ...

1stシーズン

運命の3月11日  カソクキッズ1stシーズン27話は、2011年3月に描いた作品だ。  事前の打ち合わせでは、このエピソードでは前回の加速器解説の補足的な情報(前回で扱い切れなかった副産物的な部分)を描くことになっていたけど、それだけでは1話分に足りない。  加速器ネタはいくらでもあるから増やすこ ...

1stシーズン

大事なツッコミ役・めが  26話は「加速器」についてのおさらいだ。  プレゼンターは、めが。  この、めが(メガネをかけているというだけの理由で命名)というキャラは、けっこう不遇なキャラなんだ。  主人公4人の一角なのに、どうにも損な役ばかり巡ってきちゃう。  基本的にツッコミ役だから、めちゃくちゃ ...

カソクキッズ・コラム

 カソクキッズの連載は2008〜20015年だから、これ以前にも何度もKEKを取材しているんだけど、このときはカソクキッズ本編の連載がいったん終了して、その後の外伝として『ILC特番』というのを描くことになったので、そのために改めて取材したんだよね。  なので、このときの取材はILC(Interna ...

カソクキッズ・コラム

 こっちは茨城県東海村にある加速器施設「J-PARC(ジェイパーク/大強度陽子加速器施設)」を2014年3月に見学したときのもの。  とはいえ、J-PARCはとても広いので、一度に全部を見るのは無理。  なのでこのときは、岐阜県神岡の地下1000mにある施設「スーパーカミオカンデ」までニュートリノビ ...

カソクキッズ・コラム

 2014年2月、カソクキッズ執筆のためにKEKのフォトンファクトリー(略称PF)を見学したときの写真たちが出てきたので、ここで公開してみる。  シズル感バリバリの写真が多いし、一般公開でも立ち入れない場所の写真もいっぱい(役得!)なので、こういう施設好きの人、科学好きな人なら楽しんでもらえると思う ...

1stシーズン

トップクォークって本当にクォークなのか??  25話は、素粒子関連の知識についてのおさらいだ。  おさらいなんだから、基本的にはここまでに描いたことがベースになってるんだけど、まぁ、同じことの繰り返しだけじゃ面白くないので、いくつか新しいネタも組み込んでいる。  そのために、小林誠博士に登場してもら ...

1stシーズン

キッズたちが解説役になる最終章  この24話からカソクキッズ1stシーズンは最終章。  連載当初の段階では1章5話ずつの4章構成で全20話の予定だったんだけど、そんなもんは第1章(1~5話)までで吹っ飛んじゃって、予定になかった5章まで来てしまった。  ただ、このへんまで来ると素粒子ネタも濃くなりす ...

1stシーズン

 カソクキッズは、高エネルギー加速器研究機構(KEK)のWEBサイト上で公開されている作品だ。  描いているのはボクだけど、KEKの主要コンテンツの1つでもあり、同機構の要覧などにも記載されている。  そしてKEKは、世界的な研究機関だ。  ノーベル賞学者も輩出していて、その発言には世界が注目してい ...

1stシーズン

何だかわからないからダークな暗黒物質  この22話では、暗黒物質と呼ばれるダークマターと、これまた暗黒っぽいダークエネルギーをネタにした。  最初に言っとくけど、ダークマターとダークエネルギーは、名前にダークって付いてる以外は全然別物だからね。  どっちもダークだから一緒のエピソードで登場したけど、 ...

1stシーズン

 この21話では「超ひも理論」に挑んでしまった。  いや、研究者でもなんでもない一介の漫画家が、超ひも理論を解説するなんて、我ながら無茶なことをしたもんだ。  もっとも、ソレを言い出したら全部が無茶なんだけど(笑)。  なので、これまた毎度のことなんだけど、ちゃんと解説するなんてことは、最初からあき ...

スポンサーリンク