うるの拓也の電子書籍シリーズ各巻好評発売中!(詳しくはプロモサイトで!!)

ヒストリー編

(←「広告漫画家物語18」に戻る) 踏み込んだからには遠慮しない!  カソクキッズ(に限らず、ウチの作品のほとんど)は、科学監修してくれているKEKの人たちを除くと、ボク自身を含む3人で描いている。  WEBコーディングの部分をカミサンがやってくれているから、完成・納品までの全工程で考えると4人なん ...

ヒストリー編

(←「広告漫画家物語17」に戻る) 高エネルギー? ナニそれ、美味しいの?  2007年11月下旬、1通の問い合わせメールが舞い込んだ。  高エネルギー加速器研究機構(以下KEK)というトコからのメールだった。  広報用の漫画を検討しているという。  あくまでも検討段階で、具体的なプランがあるわけじ ...

メール商談ライブ

(←「失敗社長編07:第3話と第4話」に戻る) お客様からの返信メール/その16 うるのクリエイティブ事務所 代表 うるの拓也様 ×××××代表の☆☆です。 「失敗物語」素晴らしい仕上がりに感謝しております。 私の60歳からの人生に強い味方が出来たという感じです。 お振込みの件ですが、当初頂いた請求 ...

メール商談ライブ

(←「失敗社長編06:第2話シナリオと制作(後編)」に戻る) うるの送信メール/その10 うるのです。 失敗社長第3話できました。 犬になった社長をフォローする形で、オサムさんが大活躍していて、期待した通りにキャラが立ったと思います。 犬ではあるけど、失敗社長の仕事イメージも感覚として分かりやすく表 ...

ヒストリー編

(←「広告漫画家物語16」に戻る) 漫画家の地域活動  ボクはけっこう、ボランティアや地域活動なんかに参加している。  例の音楽イベントに関わったことがキッカケなんだけど、実のところは営業活動の一環だ。  商工会議所などとも連携して取り組んでいる地域活動だと、様々な会社の経営者さんと知りあいになれた ...

ヒストリー編

(←「広告漫画家物語15」に戻る)  トラブった件をもう1つ、紹介しよう。  今回は、バッドエンドの事例を。  この記事は以前にツイッターでバズってネット記事にもなった『作画担当が拙著「広告まんが道の歩き方」を漫画化してくれたPart20』の漫画で紹介した事例の詳細だよ。  なので漫画版でざっくりと ...

メール商談ライブ

(←「失敗社長編05:第2話シナリオと制作(前編)」に戻る) お客様からの返信メール/その9 ×××××の○○です。 > セリフの件ですが、折衷案として > >>> 社 長「誰だって失敗はしたくない。 >>>     でも、失敗を知らずして成功はないん ...

メール商談ライブ

(←「失敗社長編04:支払いの相談と第1話(後編)」に戻る) うるの送信メール/その7 うるのです。 すいません、メールを送り忘れてました!! 失敗社長の第2話のシナリオ、ネームができています。 (一週間前にできてたのに・・・) ネームは以下のURLで、シナリオは本メールに記載しました。 (ネームは ...

メール商談ライブ

(←「失敗社長編03:支払いの相談と第1話(前編)」に戻る) お客様からの返信メール/その4 うるの拓也様 ×××××代表の☆☆です。 熱い想いで書いていただいている、うるのさんの気持ちが伝わってきます。 いつも本当にありがとうございます。 お支払いのご相談を含めて、○○と一緒にお伺いしたいのですが ...

ヒストリー編

(←「広告漫画家物語14」に戻る)  この事例も後々「メール商談ライブ」のカテゴリで詳しく披露していく予定なのだけど、まぁダイジェスト版を先に紹介しよう。  脅されたり、威圧されたり、厄介な状況から仕事が始まる、ということは稀にある。  もちろん、そんな状態なら断って逃げちゃっていいのだけど、逃げず ...

ヒストリー編

(←「広告漫画家物語13」に戻る)  今回の事例は、中小企業の例だ。  中小っていうより零細かな。  元々、従業員数5人(経営者含む)程度の小さな会社をやっていた社長さんが、新しい事業を始めた。  その新事業を広報するための漫画を依頼されたんだ。  そして、その漫画が、ボクが手掛けた「広告漫画の枠を ...

ヒストリー編

(←「広告漫画家物語12」に戻る) ボクは必ず「企画やシナリオ段階」から関わってる  さて、そろそろ2つ目の事例にいこう。  保険会社のアレコレだな。  最初はいつも通り、ネットでお問い合わせをいただいて、お付き合いが始まった。  保険会社そのものじゃなくて、保険関係専門の広告会社。  社長さん以下 ...

ヒストリー編

(←「広告漫画家物語11」に戻る) 広告まんが道のはじまり  ……ようやく、ようやくココまで来たよ。  広告漫画について書いてるのに、ソレを書ける段階になるまで、どんだけかかったんだか。  でもね、スタートから書くしかなかったんだよ。  今ボクがやってること、やったことっていうのは、全てがそれまでの ...

ヒストリー編

(←「広告漫画家物語10」に戻る) 渡りに船な新しい仕事場が見つかったけど……  さて、かつて最大最強の敵だった男が有能な外部パートナーとなってくれたおかげで「漫画以外の仕事」には、光明が差してきた。  頼り切っていればいいというモノではないけれど、とにかく今後はそこそこの受注量は確保していけそうで ...

営業編

 そんなコト知ってるよと総ツッコミされそうだけど、ここではあえて、ドコがどう特殊なのか、改めて確認しておきたいのよ。  知ってるのと本当に実感しているのは全然別なことだからね。 どこにも所属できないのが漫画家  漫画家というのは基本的に「個人事業主」だ。  これ、プロを目指す若い人の多くが「そりゃそ ...

ヒストリー編

(←「広告漫画家物語09」に戻る) 営業って、どうやってやればいいんだろ?  大勢の善意のおかげで絶望から立ち直れたボクは、再び仕事に取り組み始めた。  当面は、みんなが回してくれた仕事があるので、まずソレに集中。  作りながら、ソレらをやり終えた後のコトを考え続けた。  これからは「自分の足で立つ ...

■こけしこシリーズ

作画担当がKDPの拙著「広告まんが道の歩き方」を漫画化してくれたPart20。またしても実話。めちゃくちゃな契約書にサインできるわけないじゃん。なのに泣き落とそうとしてくるだけでラチがあかなかったら、ご破算にさせてもらったの・・・ pic.twitter.com/FXd1mYVvJv — うるの拓也 ...

打ち合わせ編

ボクの残り時間は、あとどれくらいだろう?  いまさらで何なんだけど、ボクがこの『広告まんが道の歩き方』シリーズを書いておこうと思った動機に触れておきたい。  それはボクが、未だに成功者ではないからだ。  この世界に入って30年。  序盤の10年は、基礎を身に付け、慣れるだけのために費やすことになった ...

営業編

 うん。セールスそのものは、広告会社に任せたって構わないと思うよ。  こちとら漫画家で、営業のプロじゃない。  自力営業で一般企業から仕事を獲ってくるなんてコトは、そう簡単にできるもんじゃない。  ただ、そうだからって漫画を描く部分だけやっていればいいかというと、そういうモンでもないと思う。  仕事 ...

営業編

 本ブログでは漫画出版社、ゲーム会社、アニメ会社などへのアプローチは扱ってない。  っていうか、そういうのは知らないのよ。  ボクはスタートこそ普通に持ち込みして新人賞を獲ってデビューして……だけど、そういうのは最初の数年だけ。  その後は漫画とは直接関係ない世界で漫画家を続けてきたから、フツーの漫 ...

スポンサーリンク