うるの拓也の電子書籍シリーズ各巻好評発売中!(詳しくはプロモサイトで!!)

イバライガー連載小説

(←第6話:後半へ) OP(アバンオープニング)  わずかな火種のような、小さな赤い光が漂っていた。  炎ではない。水中 ...

■こけしこシリーズ

北◯の拳の生原稿を見たのはデビュー直後くらいのとき。ボクすごく絵が下手だったんで担当さんが「こんぐらい描けなきゃ」って見 ...

イバライガーコラム

 ボクが電子書籍で出版している小説『時空戦士イバライガー/IBALIGER BEYOND THE TIME OF HER ...

ヒストリー編

(←「広告漫画家物語03」に戻る) 故郷に戻って大失敗!  漫画家としてデビューして10年。  デザイナーになって6年。 ...

イバライガーコラム

 時空戦士イバライガーでは、たまに『大人のイバライガー』というトークイベントを開催している。  活動の舞台裏とか、イバラ ...

打ち合わせ編

 両親が共に、子供に何の愛情も注がなかったとしたら、どうなるだろう。  世話もしない。認知すらしない。  生まれる前から ...

■ウチのDVD棚から

 はい、前記事の「悪魔と幽霊」のつづきっす。  ゴーストストーリーは、ここで紹介した他にも数十枚、別な場所(ベッドの下) ...

営業編

 漫画家も広告業も、伝える仕事だと思うんだ。  何かを伝えるコトのプロ。  興味を持ってもらえるようにアピールするプロ。 ...

イバライガー連載小説

(←第6話:前半へ) Bパート 「……R、あれも君の仲間か?」  シンは、ようやく声を搾り出した。  Rは答えない。   ...

イバライガー連載小説

(←第5話:後半へ) OP(アバンオープニング) 「とどめだ、ジャーク!! 時空鉄拳! ブレイブ・インパクト……バーニン ...

基礎編

 広告漫画は、漫画を使った大喜利だ。  クライアントから出されるお題を受けて、そのお題をネタにした漫画を描く。  一応、 ...

■こけしこシリーズ

  ウチではシナリオ、ネーム、作画などの段階ごとにチェックを受けて、各段階でOKが出ない限り次の段階には進まな ...

イバライガーコラム

このコラムは、ボクの公式サイト(www.urutaku.com)上で以前に公開していた「イバライガー観察日記」という連載 ...

制作編

 ボクの広告漫画では、トーン処理が多い。  なんせ、モノクロ作品でもスミベタ使わない前提でやってたりするから、アレもコレ ...

打ち合わせ編

 広告漫画は販促物だ。  漫画だけど、チラシとかポスターとかパンフレットなどの類いなのだ。  だから普通は無料の配布物。 ...

イバライガー連載小説

(←第5話:前半へ) Bパート  グガァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!  ダマクラカスンが咆哮した。   ...

イバライガー連載小説

(←第4話:後半へ) OP(アバンオープニング)  思い出す。  シンが、イバライガーRを起動させた日のことを。 「オレ ...

営業編

 この項では、仕事を獲る、お客に選ばれるためには何をどうすればいいのかということを考えてみた。  自分にどれほど実力があ ...

■こけしこシリーズ

作画担当がKDPの拙著「広告まんが道の歩き方」を漫画化してくれたPart10。広告漫画は広告の一種。だから漫画がダメでも ...

イバライガーコラム

このコラムは、ボクの公式サイト(www.urutaku.com)上で以前に公開していた「イバライガー観察日記」という連載 ...

スポンサーリンク