うるの拓也の電子書籍シリーズ各巻好評発売中!(詳しくはプロモサイトで!!)

1stシーズン

Cの鏡とPの鏡が破れている……???  2008年、カソクキッズの連載開始直前に、KEKの小林誠博士と名古屋大学の益川敏英博士がノーベル物理学賞を受賞した。  その受賞理由が、お二人の研究「CP対称性の破れ」なのだ。    CP対称性の破れ、と言われても一般人には何のことやら全然わからん。 ...

1stシーズン

漫画以上に非常識すぎて扱いに困った量子の世界  カソクキッズには、ずっとネタにしているお約束がある。  それが「わけのわからん現象は量子のしわざ」だ。  あ、量子っていうのは、陽子とか電子みたいな特定の粒子のことじゃないよ。  ひとかたまりのエネルギーの最小単位。  それを量子というんだ。  まぁ、 ...

1stシーズン

ちゃんと描けなかったけど後悔はしてないよ  この宇宙には「4つの力」があると考えられている。  重力、電磁気力、強い力、弱い力、の4つだ。  この宇宙にある力は、この4つに分類できるらしい。  最近は「第5の力」もあるんじゃないかとか言われているんだけど、まぁ、今のところは4つに分類されているの。 ...

1stシーズン

原子って本当はどんなモノ?  カソクキッズは、第6話から第2章(RUN2)になった。  第1章は全体の基本みたいなもんで、2章で素粒子、3章で加速器、4章で宇宙、そして5章でまとめ、という予定だ。  もっとも、この6話を描いた頃には、まだ5章までははっきり決まっていない。  4章の内容のいくつかは予 ...

1stシーズン

信じられない体験を8年間も!  カソクキッズ第5話はE=mc2……つまり、かの有名なアインシュタインの相対性理論をテーマに描いたのだけど、ここでその説明をするのはやめておく。  このブログは裏話を紹介するもので、科学それ自体を説明したいわけじゃないからね。  興味ある人は、漫画本編のほうを読んでね。 ...

1stシーズン

大きさががないって、どういうことかな?  第4話のテーマは「素粒子」。  ……なのだけど、読み返してみると、あまり素粒子そのものについては描いてないんだよなぁ。  というのも、この段階ではボクもまだ素粒子がなんなのか、ちゃんとわかっていなかったんだよ。  それで素粒子自体にはあまりツッコまず「なんの ...

1stシーズン

小林誠博士の講演会  2009年2月1日、つくば国際会議場・大ホールで小林誠博士のノーベル賞受賞記念講演会が開催された。  入場無料で、なんて太っ腹と思ったんだけど、広報室の皆さんは、もしも席が埋まらなかったらど~しようってドキドキだったみたい。  いや、当日は、キャンセル待ちの人が列をなすほどの盛 ...

1stシーズン

楽しい勉強とは?  ビッグバンと高エネルギー。  2話目にして、いきなりの大テーマ。  宇宙はビッグバンという超爆発で誕生した、と言われている。  前回のエネルギー保存則で言えば、エネルギーは形を変えるだけでなくならないわけだから、宇宙がビッグバンではじまったなら、今の宇宙にある星も、ボクらも、素粒 ...

1stシーズン

エネルギーってナニ?  イントロから続く第1話は「エネルギーについて」を扱う事になった。  ま、いいんだけど、そもそもエネルギーって何なんだ?  いや、だってさ、エネルギーはエネルギーでしょ?  スタッフ同士で話し合ってみたんだけど、答えは出ないんだよ。  給食の献立表に書いてあった「エネルギーにな ...

1stシーズン

 カソクキッズ第1話の前に「イントロダクション」を描いた。  このイントロと第1話は同時公開だったんだけど、とにかく最初に、この漫画自体を紹介するためのエピソードを入れておかないと、どうにもならなかったんで、描いたんだ。  予算も時間も足りない中でやっていくことになるから、毎回のエピソードで徐々に世 ...

スポンサーリンク