作者としてのこだわり/あえて予算オーバーに踏み込む編10

(←「あえて予算オーバーに踏み込む編09」に戻る)

スポンサーリンク

お客様からのメール/その24

うるの様

お世話になっております。
早いご対応ありがとうございます。

登場する製品につきまして、変更依頼となっておりますので、ご対応頂けますでしょうか。
他社製品に関しては、まんまはNGという事で表現をボカしてもらいたいという事です。自社製品に関しては逆に細かい形状について変更依頼となっております。

その他は特にございませんが、ご確認のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

(以下、書名)

 

うるの送信メール/その24

うるのです。

修正指示をいただいた箇所を直して、アップし直しました。

同名ファイルを上書きしているので、ブラウザのキャッシュ機能で古いものが表示されてしまう場合がありますが、ファイルは更新されていますので、ダウンロードしてからご確認ください)

■2ページ(画像のURL)
■3ページ(画像のURL)
■4ページ(画像のURL)
■7ページ(画像のURL)

・・・いや、思ったより少なくてホッとしました。
全部ボツ!とか言われたらどうしようかと、いつもドキドキなんですよ。

(以下、書名)

 

「うるの送信メール/その24」補足解説

 ここまで来て全部ボツは、まずあり得ない。つ~か、今さらソレを言ったら喧嘩上等だけどね。

 とにかく、この仕事では、いざ描き始めてからは、ものすごくスムーズだったなぁ。
 修正はあっても全部予測の範囲内。そういうことがあるかも、と描き方に工夫もしていたから、全然平気だった。

 作品自体も描きたいように描かせてくれたし、作者としては満足な仕事だ。

 

お客様からのメール/その25

うるの様

お世話になっております。
お返事したつもりでおりました。。申し訳ございません。。

修正ありがとうございます。
リーフレットの詳細制作がまだなのですが、今回の×××原稿の2色用のデータも後日で構いませんのでご手配お願い出来ますでしょうか。
他ページや欄外吹き出しと、タイトルをどうしようかというところです。
タイトルのデザインで本編のイメージを損なわないように気を付けます。。(笑)

お忙しいところ大変お手数とは存じますが、ご確認のほど何卒宜しくお願い申し上げます。今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

今回のリーフレットですが、来月に開催されるイベント「ペットフェア」で配布予定です。ご都合宜しければ是非ご来場ください。
付きっきりではないですが、割と居るようにはするつもりです。

(以下、書名)

 

うるの送信メール/その25

うるのです。

> お返事したつもりでおりました。。申し訳ございません。。

ボクもあります、メールした気になっちゃうの(笑)。

2色用も、できるだけ早く用意しますね。
(目の前の別件の締切を片づけたらスグに)

なお、タイトル画像(カラー)ですけど、タイトルの入れ方によっては、デザイン・レイアウトなど調整できますよ。

あの×××、原画では別レイヤーになっているので、ポーズを変えたりするのは無茶でも、大きさを多少変更したり、位置をズラしたりするのは可能です。
なので、もしもそういう調整が必要なら、いつでもご連絡ください。
〔キャラもレイヤー別なので、こっちも調整できます。例えば本のオビみたいなデザインにして、アオリ文句とか入れたいなら、キャラ位置を変更したほうがいいでしょうし)
デザイン優先で考えてもらって、そこに合うように絵を調節するっていう手もあります。

ペットフェア、月末なので締切がこわいですが、年度末は締切が早めなので、開催されるころには乗り切っているはず。なので、できれば行ってみたいですね。(×××はともかく、ウチは犬を飼っているので、そういう関連商品もあるんだろうし・・・・)

(以下、書名)

 

「うるの送信メール/その25」補足解説

 2色版がどうとか、表紙がどうとか、すでに話題の中心は漫画自体ではなく、編集や印刷の話に移っている。
 ここまで来れば、後はフィニッシュワークだけだ。

 あとちょっと。頑張るぞ~~。

 

うるの送信メール/その26

うるのです。

×××マンガの2色用データ、やっとアップしました。

色は青系で2色化してありますが、フォトショップなどで他の色に調整する(「色相・彩度」で色相を変更する)ことは簡単ですから、必要に応じて変更していただいても構いません。

■1ページ(画像のURL)
■2ページ(画像のURL)
■3ページ(画像のURL)
■4ページ(画像のURL)
■5ページ(画像のURL)
■6ページ(画像のURL)
■7ページ(画像のURL)
■8ページ(画像のURL)
■9ページ(画像のURL)
■10ページ(画像のURL)
■11ページ(画像のURL)

オンライン公開をするのなら、左右800ピクセル程度に縮小して使えばいいと思います。スマートフォンなどで読む電子書籍にまとめるなら、左右1500ピクセル程度にするとキレイです。(ボクは大抵1470ピクセルにしています)

・・・それと、表紙は元々カラーなので今回は手を加えていませんが、カットとして使えるように、表紙の絵をバラバラにして「キリヌキ」状態のPSDデータとしてアップしてあります。これも必要に応じてご自由にお使いください。
(WEB版のタイトル周り、POP用のカットなど)
(PSDデータなのでダウンロードしてからご確認ください)

■キャラA(画像のURL)
■キャラB(画像のURL)
■キャラC(画像のURL)
■キャラD(画像のURL)

(以下、書名)

 

お客様からのメール/その26

うるの様

お世話になっております。
今回、ご納品頂いた×××リーフレットですが、デザイナーからCMYKのデータで頂けないかという連絡があったのですが、可能ですか?

データがRGBでしたので、変換すると4色印刷になってしまうという事で。。

あと、jpgデータで断ち落としの部分に関して、塗り足しというか版ズレ時の余裕5mm分(トンボ分)どうするか確認して欲しいと。。
そんな今どきズレないだろうとも思いますが。。

お忙しいところ大変お手数とは存じますが、ご確認のほど宜しくお願い申し上げます。何卒宜しくお願い申し上げます。

タイトルロゴをお願いした場合、対応可能ですか?
その場合の費用も御見積頂ければと存じます。
入稿を3/16で予定しておりますので、時間もかなり少ないのですが。。

重ね重ねで恐縮ですが、宜しくお願い申し上げます。

(以下、書名)

 

うるの送信メール/その27

うるのです。

> 今回、ご納品頂いた×××リーフレットですが
> デザイナーからCMYKのデータで頂けないかと
> いう連絡があったのですが、可能ですか?
> データがRGBでしたので、変換すると4色印刷に
> なってしまうという事で。。

????

いや、確かに見た目は2色だけど実際にはRGBデータです。
でも・・・
デジカメの画像だってRGBですよ?
2色ページの場合は、それを2色に分解して使うわけでしょう?
それと何も変わらないのだから、2色のデータを作れる人なら、何の問題もなくやれると思うのですが???
(だって2色のデータが作れるから、2色の仕事をやってるわけでしょう?デジカメなら2色にできるけど、マンガだとできないなんてことはあり得ないですよね。どっちも単なるJPEGなんだから)

なお、2色分解じゃなくてCMYKであればいいというのなら、なおさら、あのデータで問題ないはずです。だってデザイナーがRGB画像を印刷用のCMYKに変換できないなんてことは、考えられませんし。
(もちろん、やれと言われればやりますけど、この仕事をしてる人なら、誰でもすぐにできる類いのことだと思うんです・・・)

> あと、jpgデータで断ち落としの部分に関して、
> 塗り足しというか版ズレ時の余裕5mm分(トンボ分)
> どうするか確認して欲しいと。。
> そんな今どきズレないだろうとも思いますが。。

ああ、それはズレたらズレたで構わないと思いますよ?
確かにタチキリ分の余裕があるほうがフツーですけど、今回の作品ではタチキリやってないので、ようするにタチキリ部分は真っ白。だから問題ないはずです。
印刷所的には、それでも厳密にやりたいんだろうと思いますが問題ないです。ヘンに見えたりはしません。
例え若干ズレたところで、セリフなどが切れてしまうようなズレはあり得ないはずだし、おっしゃる通り今どきそんなにズレないと思いますし。
(ちなみにトンボのズレって5ミリもいりませんよね?普通3ミリでしょ?)

> タイトルロゴをお願いした場合、対応可能ですか?
> その場合の費用も御見積頂ければと存じます。
> 入稿を3/16で予定しておりますので、時間もかなり
> 少ないのですが。。

来週でいいなら、やれます。
最悪14日くらいになるかもしれませんが。

マンガの一部(表紙の一部)ということで、追加費用はなくてもいいです(元々、そんなに予算に余裕なかったんですし)。

ただ、冊子のタイトル決まってなかった(クライアント様と○○様が決めることだし)ので、教えてください。個人的には「マンガ×××」でいいと思いますけど。

ヒネると、かえって分かりにくくなって販促にならないんじゃないかと。
むしろ、雑誌のようにアオリ文句とかを表紙に躍らせたほうがPR効果は高いと思います。
だからレイアウトには工夫したほうがいいと思いますけど、タイトルロゴには、それほど凝らなくてもいいんじゃないですかね?
まぁ、タイトルらしく見えるように臨場感あるフォントを使って、文字のバランスに工夫するくらいのことはすべきでしょうが、それくらいのことはデザイナーさんなら誰でもやるだろうし・・・。
(ボクが出しゃばると、かえって迷惑なのでは・・・)

(以下、書名)

 

お客様からのメール/その27

うるの様

お世話になっております。
いろいろ申し訳ございません。

2色であるなら印刷も2色にする?っていう安易な考えでした。。他のページでメダカ図鑑を入れたりとカラーページも入るので。

2色で印刷に回せるデータがお持ちだったらと思い聞いてみたのですが、そういえばフィルターに掛けて変換して頂いていると以前にもお聞きしてましたね。。
自分の確認不足でした。
CMYKへの変換は社内でもちろん可能です。
お騒がせいたしました。

タイトルロゴは、大変恐縮ですがお願い出来ればと存じます。。
アオリ文句に関しても、別途費用で構いませんので表紙全体のデザインとしてご対応頂ければと存じます。

タイトル: すぐ分かる マンガ×××

アオリ文句に関しては、お出し頂けますでしょうか。
どんな文句が良いか、イマイチ出てこずでして。。
2~3万でページ全体をまとめて頂けると幸いです。

ご不明な点等ございましたらご連絡ください。
お忙しいところ大変お手数とは存じますが、ご確認の程、何卒宜しくお願い申し上げます。
週末でしたら、携帯までお電話頂けると対応出来ます。
時間の無い中でバタバタして申し訳ございません。

(以下、書名)

 

「お客様からのメール/その27」補足解説

 結局、表紙のデザインも、タイトルロゴも、全部コッチでやった。
 どうやら入稿直前で先方もテンパっちゃっているようだし、そんならということで、ボクがアドリブで全部決めて作っちゃったの。

 この案件の例だと広告会社を通じてやってるんだから、漫画家がデザインまで立ち入る必要はないはずなんだけど、それでもこうやってキャンペーンロゴだのタイトルロゴだの表紙デザインだのまで、こっちに回ってくる。

 そういうもんなのよ。
 そういうことがありがちなのよ。

 だから広告漫画では、デザインも全部やる、印刷以外の何もかもをコッチで受け持てるってコトにしておかないと危なっかしいの。
 なので自分でやれない人は、やれる知り合いを捕まえておくほうがいい。

 少なくとも漫画家と編集者の両方を兼任するとこまでは、必ずやるしかないのが広告の世界で漫画を描くってことだから。

 

うるの送信メール/その28

うるのです。

土曜日でヒマが出来たので、表紙案、作ってみました。

というか、こんなトビラになるんだろうな、と想定して表紙画を作っていたので、そのまんまカタチにしてみたということなんですが。

■表紙見本(画像のURL)

これはイラレで組んだものです。
画像も350dpi/CMYKの「EPS形式」で組み込んでいます。
サイズは150ミリ×210ミリで組んでいますが、全方向に10ミリ程度のタチキリがあるので、多少のズレやサイズ調整にも対応できると思います。

もともとマンガがかなり目立つので、フォントなどはシンプルです。あまり遊ぶとマンガと干渉しあってかえって目立たないし、普通のマンガ単行本と違って宣材ですから、アオリの文字とかもあったほうがいいでしょうし、そうしたモノが埋没しないようにすると、ロゴデザインというほどの処理はいらないんじゃないかと。
(そもそも最近は一般のマンガや小説でも、タイトル文字はシンプルなフォント、というのが多いですし)

なお、下のほうに作者とか監修といったクレジットを入れていますが、これは「こういうのもあったほうが臨場感だよな」ということで入れたものなので、NGならとっぱらってもらっても構いません。

ま、表紙じゃなくても、どこかに小さくクレジット入っていると嬉しいですけど。今回は奥付のページは想定していないので、表4に小さく奥付を入れるんじゃないかとイメージしていました。

(以下、書名)

 

お客様からのメール/その28

うるの様

お世話になっております。
早速のご対応ありがとうございます!!!

恐縮ですが、若干の修正をお願い致します。
添付をご参照お願い致します。

クレジットに関しましては、何かの雑誌とかに掲載する場合などであれば入れますが
(このような予定があれば勿論、うるのさんに事前に承諾確認させて頂きます)今回は展示会配布物だから無しで良いだろうという事です。

今後、様々な商品ごとに展開する事になれば、いずれ1冊にまとめて奥付などもちゃんと入れてとはなるのですが。

お手数ですが、ご確認のほど宜しくお願い申し上げます。
ご不明な点等ございましたらご連絡ください。

(以下、書名)

 

「お客様からのメール/その28」補足解説

 出来れば、なんて言ってたけど、本当は何が何でも作者名は入れて欲しかったよ。
 サラッと「いずれ奥付で」なんて言ってるけど、これ普通の広告じゃなくて漫画だから、入れて欲しかったんだけどなぁ。

 でもまぁ、普通の広告だって創作物で、普通の広告には制作スタッフの名前なんか入ってないわけで、広告漫画は広告だから無理に要求は出来ないんだよね。

 だからダメならダメで仕方ない。
 入ってたほうがソレっぽいから、入れてくれるケースも多いから、言ってみたというだけだし。

 

うるの送信メール/その29

うるのです。

お送りいただいた修正指示に添って、直した表紙データをアップしておきました。(イラレファイルなので、データ保護のため圧縮してあります)

(データのURL)

アウトライン化したイラレファイル、貼込した表紙の画像データ、チェック用のPDFの3つが収録されています。

基本的に、修正指示通りにしてありますが、気になる部分があれば御社でイジっていただいても構いません。(イラレデータですから)

(以下、書名)

 

「うるの送信メール/その29」補足解説

 さて、これで完全にフィニッシュ。

 気になる部分があればイジってもいいよと書いたけど、納品したままの形で印刷され、配布された。
 見本誌は刷り上がってすぐに送ってくれた。

 イベントでの配布は好評だったようで、増刷されて全国の店舗でもノベルティとして配布されたようだ。
 ボク自身も近所のペットショップで見かけている。

 その後、このクライアントからのオーダーはない。
 まぁ漫画をつくるなんてのは、かなり特別な試みだからね、同じ会社が何度もやったりはしないのが普通なんだよね。

 でも、それでも、そういう珍しい企画をやって成功したという事例は残る。
 それが人の耳に入ることもある。
 この案件を仕掛けた広告会社も、自社のプロデュース案件として、この結果を活用してくれるはずだ。

 この解説を書いている現在(この案件を手掛けてから7年目)、この広告会社からは新しい広告漫画企画を打診されている。
 今回もまだ具体的ではなく、しばらくはペンディングなのだけど、このときと同じように動くときは動くだろう。

 そのときまで、ボクがボクのままなら、また出会う。

 特別なことをするんじゃなく、仕事を続けていればいいだけだ。
 続けていられることが一番。

 生き延びていれば、それ自体が力になっていくんだ。

 


※このブログに掲載されているほとんどのことは電子書籍の拙著『広告まんが道の歩き方』シリーズにまとめてありますので、ご興味がありましたら是非お読みいただけたら嬉しいです。他にもヒーロー小説とか科学漫画とか色々ありますし(笑)。

うるの拓也の電子書籍シリーズ各巻好評発売中!(詳しくはプロモサイトで!!)