小説版イバライガー/第21話:時をかける少女(後半)

(←第21話前半へ)

スポンサーリンク

Bパート

 つくばから土浦市街に向かって伸びる大通りを、一気に突っ走る。
 数台の車が驚いて急ブレーキを踏んだ。すまない。だが、今は仕方がない。

「イバライガーR、目立ちすぎですよ! いいんですか!?」

 後ろをトレースしてくるミニRが叫んだが、Rは答えなかった。
 周囲を気にしていられる状況じゃない。最短時間で現場に到達することが第一だ。
 初代やミニライガーたちも、すでに向かっている。あと2分、土浦市郊外のショッピングモールを越えたあたりで合流するはずだ。

 出現したのは、4人目の四天王だという。

 3人目すら、その姿をはっきりと確認できていないというのに、4人目だと。
 四天王と呼ばれる原初のジャークが、いきなり全員揃ったというのか。今まで気配すら感じさせずに? そんなことが本当にあるのか?

 しかも現場からは、大きなジャーク反応は感じられない。
 イバガールの視界は、Rにも転送されている。確かに、大きく強力な何かがいるのは間違いない。

 だが、あれは本当にジャークなのか。
 四天王級なら、エモーション・ネガティブの反応も大きいはずだ。なのに、今感じている反応はゴースト以下、戦闘員並みでしかない。

 煙が見えた。同時に、右方向から4つの影が視界に飛び込んでくる。初代たちだ。

「初代! アレは本当に四天王なのですか!?」
「わからない。ジャークの気配は希薄だ。私の知っている奴は、そうではなかった。だが……一瞬見えた姿は間違いなく……ジャーク四天王カンナグールそのものだ……!!」
「……わかりました、四天王級だと考えて対処します。今日はミニRもいる。エネルギーは十分にある。ならば……」
「クロノブレイクで一気に決めるか。いいだろう。見せてみろ、R。私が託したものを」
「はい! 行くぞ、ミニR!!」
「了解です!!」

 


 飛んできた居酒屋の看板を躱し、イバガールはもう一度突っ込んだ。

 逃げ遅れた人を、連れ出す。
 日中の商店街にしては、人は少ない。かつては中心街だったが、買い物客の多くは郊外のショッピングセンターに流れてしまい、今ではシャッターを下ろしている店のほうが多いくらいなのだ。
 それでも、数十人が巻き込まれている。ガールが到着した時点で、すでに数名の生命反応が消えていた。
 これ以上は、させない。一人も死なせない。

 戦うのは無理だ。
 見た瞬間にわかった。アイツは強い。自分では勝てない。
 初代からも、戦うなという指示が来ている。

 それでも、ほっとけない。せめて人間だけは救わないと。
 激しい音が響いた。雑居ビルが、崩れ落ちる。その中に数名の人がいるのを感じ取った。
 2階に2人。3階の廊下にもう一人が倒れている。このままでは瓦礫に押しつぶされてしまう。

「エターナルッ! ウインドフレアァアアアアアッ!!」

 崩れてくるビルに風を叩きつけ、外壁を削り取る。見えた。加速して飛び込む。2階の二人を抱えると同時に、落下してくる3階の一人を受け止める。崩れていく室内を突っ切って、反対側の窓から飛び出す。

 真下に、ジャークの姿が見えた。

 大きさは約3メートル。ゴリラのような腕。背面からも、腕のような、爪のようなものが4対生えている。ゴリラが巨大なクモを背負っているような姿。長い尻尾のようなものもある。先端は丸くなっていて、ハンマーのようだ。
 明らかに、物理的な破壊力だけに特化したジャークだ。苦手なタイプ。

 その尻尾を振り回した。周囲を砕きながら、ガールが着地しようとしていた場所に向かって振り下ろされる。
 人を抱えたままでは、素早く動けない。身体を捻って壁を蹴った。両足のテイルウイングを拡張し、風を制御する。空中で、さらにジャンプして、クロノ・スラスターを全開にし、一気に現場を脱出した。
 数百メートル先に、救急車が見えた。ワカナもいる。

「ガール! 大丈夫!?」
「うん、この人たちをお願い。私はもう一度、あそこに行く」
「無茶よ! あと1~2分でみんなが来るから、それまで待って!」
「わかってる。けど1~2分でも、今危険な人たちにとっては永遠と同じなのよ。今行かなきゃ間に合わない。だから、私は行くわ。行けるのは私だけだから」

 ワカナが、何か言おうとして言葉を飲み込んだのがわかった。

 うん、気持ちは伝わってるよ。ワカナのエモーションも届いてる。あなたの力を借りるわ。その力があれば、私たちは……イバライガーは何度だって立ち上がれる。どこにでも行ける。だから、行くわ。私に人たちを助けさせて。

 ワカナの頭を撫でて、イバガールは再び舞い上がった。

 


 イバガールが黒煙の中に突っ込んでいくのが見えた。

「R! 現場にはまだ人が残っているようだ! 私とミニライガー、それにガールが彼らを助け出すまで、お前たちで奴を止めてくれ!!」
「わかりました!!」

 初代とミニライガーたちが先行する。
 イバライガーRは、目標手前の信用金庫ビル屋上を一度蹴って上昇し、タイミングを計った。

 ターゲットは約20メートル下。空中で、ミニライガーRと並んだ。二人が完全にシンクロして身体を捻る。同時にモーションに入った。自由落下しながら右拳を引き絞り、パワーを集中させ、高めていく。奴は強い。並みの攻撃では止められない。初手から全力を叩き込む。

「行きます! ……時空鉄拳……ブレイブッ……!!」
「……インパクトォオッ!!」

 ブーストで突っ込む。直撃。だが、貫けない。

「おおおおおおおおっ!!」

 そのまま拳で押しながら、さらに左拳でもブレイブ・インパクトを撃ち込んだ。カンナグールは十数メートル先のビルまで吹き飛んで、振り注いできた瓦礫に埋まった。その間に後方に跳んで、体制を整える。

「イバライガーR!!」
「わかっている、来るぞ!!」

 瓦礫の山の中から、ハンマーが飛び出してきた。躱すわけにはいかない。後ろにはガールと初代、逃げ遅れた人々がいるのだ。

 ヒッグス・コントローラーを全開にして、受け止める。それでも質量を打ち消せるのは、ほんの一瞬だけだ。その一瞬で弾き、軌道を変える。
 尻尾のハンマーは、左側の壁面を砕いて地面に突き刺さった。正面。瓦礫が弾け飛ぶ。両腕を振り上げて、カンナグールが向かってくる。
 RとミニRは、左右に分かれて突進した。右腕と左腕。捉えた。押さえ込む。
 だが、ミニRが吹っ飛ばされた。イバライガーRはカンナグールの腕を逆関節に捻ったが、びくともしない。片腕だけでも圧倒的なパワーだ。

 ウガァアアアアアアアアッ!!

 カンナグールが上半身を回転させた。同時に、背中のクモの触脚のような爪が全方位から伸びてくる。ダッシュして躱した。そのピンポイントに横薙ぎのハンマー。サイドスラスターで強引に身体の向きを変え、スライディングでハンマーの軌道の下側をくぐり抜ける。
 一瞬、腕がかすった。それだけで肘が逆側に折られる。問題ない。この程度なら瞬時に修復できる。

 十数メートル、離れた。ビルの壁にめり込んでいたミニRも立ち上がる。

「……気づきましたか、R?」
「ああ……、前にPIASの基地で見たものに酷似している。かなり強化されているが、アレは恐らく、奪われたPIASの成れの果てだ」
「でもPIASなら……」

 そうだ。PIASはただのスーツだ。利用はできるだろうが、ジャークは取り憑けないはずだ。ジャークが取り憑くには、ネガティブな感情を持つ生命体=人間が必要なはずだ。

 だが、目の前の化け物には、ほとんどエモーション・ネガティブの反応がない。
 本当にコイツはジャーク四天王なのか? これではまるで……

「そう。それは四天王じゃないわ」

 カンナグールが喋った。
 いや、違う。思考を送り込んできただけだ。それも、カンナグールのものじゃない。

「ルメージョか!? どこにいる!?」
「どこにもいないわ。そして、どこにでもいる。それが私たちジャーク……」
「ふざけるな! 何を企んでいる!?」

 周囲を探った。だがジャークの反応はない。少なくともルメージョの本体は、この周囲にはいない。

 四天王じゃないだと? ではコイツはなんだ? 初代は未来でコイツを見たと言った。最初に現れた四天王だったと言った。
 それは記憶のエラーなのか。だが、コイツの戦闘力は間違いなく四天王級だ。それでも違うというのか?

 


 イバライガーRたちが戦っている間に、5人、連れ出した。ミニライガーたちも2人ずつ、助けている。
 残っている反応は3人。それはイバガールが救出している。まもなく、ここに戻ってくるだろう。
 これで、ようやく本気で戦える。Rのクロノ・ブレイクの威力は未知数だ。人がいるかもしれない場所で使うわけにはいかないのだ。

 警官や消防士に応対していたワカナが、戻ってきた。
「イバライガー! さっきの声……!!」
「ああ、私はこの時代で接触するのは初めてだが……あれがルメージョだな?」
「あの怪物は四天王じゃないって言ってたけど……本当なの?」
「ジャークの言葉をそのまま信じるわけにはいかないが……だが、本当かもしれない。四天王なら、普通の人間でも怖気を感じるほどのネガティブを感じるはずだが、それがない。姿は間違いなくカンナグールだが、アレは……」

「そう、あなたは未来で私たちと出会っているのね?」

 割り込んできた。ルメージョの思念。

「ルメージョ! あんた何のつもり!? こんなとこで暴れて何になるってのよ!?」
「あら、人間たちが恐怖に怯えればネガティブな感情が溢れる。それは私たちのエネルギーになる。何もおかしくないでしょ。恐怖を感じる間もなく死んじゃった人もいるみたいだけど……まぁ多少は仕方ないわね」
「あんたねぇぇえ……!!」

 思考が白熱しそうになっているのを感じて、初代イバライガーはワカナの肩を叩いた。
 怒りはわかる。だが、抑えるしかないのだ。憎しみではジャークに勝てない。

「ルメージョ。どうやらアレは本当に四天王ではないらしいな。ネガティブ反応もほとんどないところを見ると、PIASをベースにしたロボットのようなもの……か」
「そういうこと。暴走するだけのお人形ね。あの程度のモノが四天王だったなんて、あなたのいた未来は、随分と甘い世界だったようね? しかも、それさえも守れずに、この世界に逃げてきて、もう一度悲劇を味わいたいなんて……あんた本当はジャークなんじゃないの?」

「……好きなようにほざくがいい。だが、この世界ではさせん!」

「いいわねぇ、その悲壮感。楽しませてもらうわ。でも……アレを止められるかしら? 成り行きで造ったものだけど、パワーだけは四天王と呼んでもいいほどよ。しかも、どんどん強くなっていく。周囲のネガティブを吸収してね……」

 PIASのエキスポ・ダイナモを応用したのか。TDFには起動させられなかったエキスポ・ダイナモを、エモーション・ネガティブを吸収するように改造したということか。いわば反エキスポ・ダイナモ。厄介な相手だ。

「狙いは……ワカナとイバガール……か……」

 初代のつぶやきに、ワカナがぴくっと反応した。
 だが、落ち着いている。私がいない間に、ずいぶん強くなった。さっきは一瞬激昂しそうに見えたが、私が止めなくても冷静さを取り戻せただろう。シンとワカナを気にしすぎて、自分は少し過保護になっているのかもしれない。

「……やっぱりね。そうじゃないかなって思ってた。あまりにもタイミングが良すぎたもんね。私かガール、あるいは両方を捕らえるか、殺す。そのつもりで暴れさせているわけね……」

「そうよ。アレには本能のようなプログラムを仕込んであるの。ワカナとイバガール。あなたたちを渇望する本能。女を凌辱し、引き裂きたい本能。二人が生きている限り、アレは止まらない」

「無駄よ。イバライガーの力、知ってるでしょ。すでにみんなが集まってる。私もガールも、あんたたちなんかに殺されはしない!」

 その通りだ。いくら強力なジャークとはいえ、単体で我々を殲滅できるとは思えない。

 ちょっかいを出してきた、ということか。
 前回、シンは「目覚め」かけていた。それに気づいて、今度はワカナを狙った。
 目覚める前に潰すつもりか。それとも、あえて目覚めさせるのか。
 自分たちも、ジャークも、共にエモーションの企みに乗せられているのかもしれない。

「そう……ね……。ワカナ、あなたはまだ死ぬときじゃないかもしれない。でもイバガールは……あの子はわからないわよ。イバライガーの力があるからこそ、危険に飛び込んでいく。仲間を信じているからこそ、無茶をする。それこそが最悪の選択なのに……」

 ルメージョの気配が消えた。
 狙いはイバガールか。まだ戻っていない。
 確かに、ガールは無謀なところがある。先に戻らせるべきだったか。
 ワカナはすでに、インカムで呼びかけている。

「ガール! 聞こえる!? 今の話聞いたでしょ!! すぐに戻って!! 絶対に無茶はしないでよ!?」
「わかってるってば。ルメージョの罠なんかにハマるわけないじゃん。もうみんな助けたから、すぐにソッチに行くよ!!」

 大丈夫そうだ。話さなくても、イバライガー同士はお互いの思考の一部を共有することができる。
 ガールにも、作戦は伝わっている。
 Rが、クロノ・ブレイクを発動させることができれば、それで終わりのはずだ。

 


「……イバガール、どうかしたの?」

 負傷者を担いでいるミニブルーとミニグリーンは、すでに遠く離れている。
 最後の一人はイバガールが抱いているので、ミニイエローだけ手が空いている。
 それで全員の後方に付いてガードしていたのだが、前を行くイバガールの移動速度が、ほんの少し落ちたように感じたのだ。
 案の定、ガールは次のビルの上で立ち止まった。

「イエロー、この人をお願い。重症で意識はないけど、命は助かるわ」
「い、いいけど……でもガールは?」
「引き返すわ」
「えええええっ!? ダメだよ! ワカナもすぐに戻れって言ってたでしょ!?」
「わかってる。でも……」

 ガールが振り返った。
 激突音。Rたちが戦っている音だ。

「ガール、まさか……?」
「ううん、戦わないよ私は。もう助けなきゃならない人もいないはずだし。でもアレが私を狙ってるなら、私がここに留まればアレの気を反らすことができるでしょ?」
「ヤバいって! それ絶対ヤバいって!!」
「いいから! 今ヤバいのは、その人たちでしょ! 早く救急車のとこに連れてってあげて!! 頼んだわよ!!」

 言って、イバガールは身を翻した。

 


 人がいなくなった。
 少なくとも、100メートル圏内にはいない。これなら、やれる。

 時空突破。
 前回はエネルギー不足で失敗した。だが今はミニライガーRがいる。他の仲間もいる。
 今度こそ、外さない。

 イバライガーRは時空の力に意識を集中しようとした。
 周囲の空間が、歪み始める。

 だが、カンナグールの攻撃は、さらに激しくなっている。集中しきれない。
 ミニRは敵を幻惑しようとしているが、あまり効果はない。クロノ・ブレイクのサポート用にエネルギーを温存しているため、奴の気を反らすほどに踏み込めないのだ。

 ほんの数秒でいい。奴の攻撃を抑えられれば。

 Rに向かってきたハンマーが、途中で軌道を変えた。
 後方。気配を感じる。

 ガール!? 戻ってきたのか。

 


 Rが、勝負を決めようとしている。
 大技だ。危険な技でもある。失敗すればR自身が時空に飲み込まれてしまう。
 絶対に失敗させられない。邪魔させない。そのために私が囮になる。

 あと少し近づけば、アイツは必ず私を狙うはずだ。Rから気が逸れるはずだ。
 イバガールは、カンナグールの背後に降り立った。Rとは反対側。アイツとの距離はギリギリだけど、攻撃が来ても十分に躱せる。これまでの動きで、アイツの反応速度は見切っている。私には倒せないけど、躱し続けることはできる。

 Rが光に包まれていく。両腕の周囲に空間のエネルギーが凝縮されて……。

 ハッとした。

 右の建物。すでに崩れ落ちているが、小さな生命反応がある。
 子猫。ぐったりしているが、まだ生きている。
 その頭をルメージョが撫でている。幻影だ。ここにはいない。でも、子猫はいる。ルメージョが、にやりと笑った。

 


 突然、ガールが飛び出した。
 バカな。クロノ・ブレイクは間に合わない。ミニRも、間に合わない。技を中断して飛び込むしかない。

「くぅううっ!!」
 イバライガーRは、集めていたエネルギーを地面に叩きつけた。大地が爆発する。その爆風も利用して、ガールに向かって跳ぶ。

 手を伸ばす。届く。
 だが、あと数センチのところで、ガールの姿は消えた。

 


 ミニライガーRが、戻ってきた。子猫を抱いている。
 その向こうにイバライガーR。イバガールを抱いている。
 その姿を見て、ワカナは息を飲んだ。

 右足がない。右腕も、肘から先がない。半身が砕かれて、腹部も大きく抉れている。フェイスバイザーも抉り取られ、綺麗だった顔が無残に歪んでいた。意識もない。いつもなら感じるエモーションの反応もない。以前に初代が受けたダメージどころではない。

「ガール! ガァアアアアルゥウウウウッ!!」

 叫んだが、応えない。生きてるの? 死ぬはずがない。でも。

「イバライガー!? R!? ミニR!? 何とかして!! このままじゃガールが……!!」

 誰も答えない。代わりに振動が伝わってきた。ビルが崩れる。
 奴が向かってきている。ガールの反応が消えて、ワカナを捉えたのだ。
 でも、今はそれどころじゃない。ワカナはガールを抱きしめたまま、動けなかった。

 背後で、Rが立ち上がった。
「私の……ミスだ……。戦いに気を取られて、小さな命を……見逃した……。だからガールが……。これ以上は、させない。決着をつけてくる……」
「ダメだ、R。今のお前では、クロノ・ブレイクは成功しない。その乱れた心では、時空制御は無理だ」

 初代とRの声が聞こえる。そんな話、後にしてよ。今はガールのことだけ考えてよ。
 ガール。イバガール。私の声を聞いて。私のエモーションを全部あげるから、いつもの元気な声を聞かせてよ。あなたと私は一心同体でしょ。ずっと一緒でしょ。お願いだから、どこにも行かないで。

『……カナ……ワカ……ナ……』

 ガール!? 思わず顔を上げた。だが、ガールは冷たいままだ。

『ワカナ!! 聞こえるか!! R! お前もだ!!』

 インカム。シンの声?

 

ED(エンディング)

『R、ガールを連れて基地へ戻れ! 急げ!!』
「ダメなんだ、シン……。ガールは……NPLでも治せない……全ての機能を失っている……もう生きては……」

『うるせぇ!! グダグダ言ってないで早くしろってんだよ!!』

 ミニライガーブラックの声だ。基地にいるのか。

『お前らにもガールにも治せないのは知ってんだよ! でもなぁ、ガールのバックアップシステムなら何とかなるかもしれねぇだろ!!』

 ガールの……バックアップ!?
 それって……まさか……!?

『早く来い! オレ様の『妹』が生まれるんだからなっ!!』

 

次回予告

■第22話:天使の歌声  /ミニガール登場、真クロノブレイク発動
本来の歴史では四天王の一人に数えられていた魔人カンナグール。その猛攻に瀕死の重傷を負ってしまったイバガール。その命を救ったのはブラックと未来からの声。優しく懐かしい声に導かれて、ついに小さな天使が舞い降りる……!!
さぁ、みんな! 次回もイバライガーを応援しよう!! せぇ~~の…………!!

 

(次回へつづく→)

 


※このブログで公開している『小説版イバライガー』シリーズは電子書籍でも販売しています。スマホでもタブレットでも、ブログ版よりずっと読みやすいですので、ご興味がありましたら是非お読みいただけたら嬉しいです(笑)。

うるの拓也の電子書籍シリーズ各巻好評発売中!(詳しくはプロモサイトで!!)