失敗社長編11:冊子版の企画と編集(後編)

(←「失敗社長編10:冊子版の企画と編集(前編)」に戻る)

スポンサーリンク

お客様からの返信メール/その27

うるの様
×××××の○○です。

くわしいご説明ありがとうございました。
ちょっと、私のほうで勝手が分かっていなかったようでスミマセンでした。

> でも・・、その広告って、どんなのを作ればいいのかな?
> WEBの画面写真とマンガを組み合わせて、
> ぜひアクセス!みたいな感じにまとめちゃっていいですか?

こちらに関しては、私のほうでデータをつくるか、外注するなりして準備するようにしますね。できたデータをうるのさんにお送りしますので、一緒に入稿していただけますでしょうか。

費用やサイズ等に関しても、○○印刷さんと交渉してみます。
おそらく、おすすめいただいた「A5で表紙カラーで中身はモノクロ」がよいと思いますが、最終的に決まったら、また連絡しますね。

それではよろしくお願い致します!またご連絡いたします!

(以下、書名)

 

うるの送信メール/その22

うるのです。

> くわしいご説明ありがとうございました。
> ちょっと、私のほうで勝手が分かっていなかったようで
> スミマセンでした。

いやぁ、ボクも説明不足だったかも。でも、どうせなら一番いいお金の使い方をしてほしいし、そのためには「丸投げ」しちゃうより、いいハズなんです。

(ボクは印刷費に上乗せしない主義。というより 印刷屋さんから直接請求してもらっちゃってます。他所みたいに印刷代の立て替え~その後にお客に請求ってコトにすれば、マージンを乗せられるんだけど、その資金繰りを考えたら、わずかなマージンを取るより、手放しちゃうほうがリスク小さいんです。お客も原価だけで済むわけだし)

> こちらに関しては、私のほうで
> データをつくるか、外注するなりして準備するようにしますね。
> できたデータをうるのさんにお送りしますので
> 一緒に入稿していただけますでしょうか。

基本的には、インターネットでの受注なんでしょ?
なら、WEBを宣伝するほうがいいと思うんです。
「こういうサイトがあるから、ぜひ見てね」と。(劇中のマンガから、使えそうなカットを抜き出して、セリフだけ変えて画面写真と組み合わせるとか)

> 費用やサイズ等に関しても、○○印刷さんと交渉してみます。
> おそらく、おすすめいただいた「A5で表紙カラーで中身はモノクロ」
> がよいと思いますが、最終的に決まったら、また連絡しますね。

大手のね、××××とかで作ってる広告マンガ冊子が「A5で表紙カラーで中身はモノクロ」なんですよ。で、その作りは同人レベルなんですけど、一般人が見る限りではマトモな印刷物と区別できないんですね。雑誌の付録についてくる冊子なんかも、そういう作りだし。

※ボクが過去に作った冊子の表紙見本、アップしておきました。内容はともかく、こういう感じの表紙レイアウトがいいじゃないかと。(画像のURL)

なお、カラー用の表紙イラストはボクがなんとかします。
(これも劇中のカットを元に、着色して)

(以下、書名)

 

うるの送信メール/その23

うるのです。

○○印刷さんから、ボクのいつも通りの作り方で大丈夫、という返事が届きましたので、一応、A5前提で全部のページの編集を済ませました。

いい感じにできて、ボクもワクワクですよ。
あとはDTPソフトに貼付けるだけ。半日くらいでできます。
表紙のカラーイラストはまだ出来てないんだけど・・・。

で、ちょっとだけ構成が変わっちゃったんですよ。
コメントをちゃんと入れていくと、どうしても奥付が入らなくて、表4(表紙のウラ)に入れるしかないな、と。

なので、御社広告なんですが、A5の上の3分の2、つまり14センチ×14センチくらいの大きさにまとめていただけると助かります。

※あ、奥付には、こういうモノの常套手段で「定価360円」と入れてあります。
実際には売らないんだけど、入れておくんですよね(笑)

(以下、書名)

 

お客様からの返信メール/その28

うるの様
お世話になっております。
×××××の○○です。

裏表紙のデータができましたので、お送りいたします。

今回は、私がデータを作成しました。
文字はアウトライン化してありますが、慣れていないので、不備がありましたら申し訳ありません。ソフトはイラストレーターのCS3を使っています。

○○印刷さんには、今見積もりを依頼しているところです。

(以下、書名)

 

うるの送信メール/その24

うるのです。

マンガ部分を除いた編集ページの見本をアップしておきました。
全体的にはカッコイイと思ってるんですけど、どうです?

表紙はカラーですけど、安易にカラーイラストに塗り直さないほうがカッコイイと思ったんです。てぬきじゃないくて、このままのほうがカッコイイと思うんですよ。

実際の版下画像をそのままアップしてるので、校正をよろしくお願いします。
(以下、マンガを除く掲載順)

●表紙(画像のURL)
●中扉(目次)(画像のURL)
●あいさつ(社長)(画像のURL)
●各回の扉ページ(第一話版)(画像のURL)
●1話ラストのミニコラムページ(画像のURL)
●2話ラストのミニコラムページ(画像のURL)
●3話ラストのミニコラムページ(画像のURL)
●4各話ラストのミニコラムページ(画像のURL)
●5各話ラストのミニコラムページ(画像のURL)
●推薦文(○○氏)(画像のURL)
●あとがき(うるの)(画像のURL)
●背表紙(奥付含む)(画像のURL)

(以下、書名)

 

お客様からの返信メール/その29

うるの様
お世話になっております。
×××××の○○です。

編集データ、カッコよく仕上げてくださってどうもありがとうございます!
社長ともども、大満足です。
さきほどお話した、☆☆ムページの原稿をお送りしますので、お手数ですが追加をお願いします。

また、下記校正になります。
修正をお願いします。

—–

■第五話 コラム 左上
誤)よかったね
正)よかったね。

■作者あとがき(うるのさん)
誤)クライマック
正)クライマックス

■あいさつ(社長)
ビジネスに留まらず
ビジネスに止まらず

PS ○○印刷さんとはなかなか担当者との交渉ができず、まだオーダーすることができていません。明日、直接会社のほうに伺ってみようかと思っています。

(以下、書名)

 

うるの送信メール/その25

うるのです。

> 編集データ、カッコよく仕上げてくださって
> どうもありがとうございます!
> 社長ともども、大満足です。

ありがとうございます。ボクも、このカタチで冊子にできたら、かっこいいだろうなと思いながら作りました。
ボク自身に編集までお任せしていただけたので、すっごくいい実績ツールにもなるし、中小経営者が世の中に何かを訴える時の、ひな形の1つになると思います。

> さきほどお話した、
> ☆☆ページの原稿をお送りしますので
> お手数ですが追加をお願いします。

やってみました。
こんな感じです。(画像のURL)

推薦・・・でも、あとがき・・・でも、あいさつ・・・でもないような気がしたので「監修者あとがき」ってことにしてみました。実際そういう立場だったでしょ?
これは私のあとがきの手前(○○さんの次)に入れるのがベストでしょうね。

> また、下記校正になります。
> 修正をお願いします。

チェックありがとうございます。
忘れないうちに元データを修正しておきました。

> PS ○○印刷さんとはなかなか担当者との交渉ができず
> まだオーダーすることができていません。
> 明日、直接会社のほうに伺ってみようかと思っています。

印刷データは、明日仕上がります。
そうしたら、いつでも印刷所に渡す事が出来ます。
4~5話の台割への貼付けと、今回の修正箇所のデータ差し替えが残っているだけですから。

ただ、最後のほうですけど、1ページ増えたので、ちょっと文字のページが連続しちゃうのが気になりますね。(ずっとマンガだから、急に文字だけが連続しちゃうと窮屈な感じがする)

一番ベストなのは4ページ増やして、72ページにしちゃって、第5話コラムのあとの1ページ(対向ページ)を白紙にして余韻を持たせ(+1P)、文章ページへのクッションにする。

で、次のページに文章ページへのタイトルを追加(+1P)、○○さん、オサムさん(+1P)、ボク、と続き、最後の1枚に背表紙に使っていた奥付(+1P)をもってくるという形式かな。文章ページを巻末付録みたいな特集扱いにしちゃうわけ。
(表紙周りの紙のウラには印刷せず、カバー代わりのような扱いと考えるわけです)
これなら台割にも余裕が出てくると思います。
ま、簡単にページ数を増やせと言えるわけではないので、あくまでもアイディアですけど。

(以下、書名)

 

「うるの送信メール/その25」補足解説

 う~む、かなりフィニッシュに近いトコまで来て、増ページの提案か。
 我ながら大胆なコト言ってるなぁ。

 でも、どうせ作るのなら少しでもイイモノにしたいわけで、よりよいと思うアイデアを思いついてしまったら言うべきだと思うのよ。
 ダメならダメで仕方ないけど、最初から無理と決めつけて何も言わないのは、かえって失礼だと思うの。
 お客にも、作品にもね。

 それに同人印刷で4ページ増やす程度なら、予算も大して変わらないと思うしね。

 

お客様からの返信メール/その30

うるの様
お世話になっております。
×××××の○○です。

原稿の追加、ありがとうございました!

> 推薦・・・でも、あとがき・・・でも、
> あいさつ・・・でもないような気がしたので、
> 「監修者あとがき」ってことにしてみました。
> 実際そういう立場だったでしょ?

はいそれで大丈夫です!
スミマセン書きたいように書いてしまいました。

※申し訳ないですが
一箇所校正をお願いできますでしょうか。

監修者あとがき6行目
正)笑えるような、笑えないような話である
誤)笑えるような、笑えない話である

> ただ、最後のほうですけど、1ページ増えたので、ちょっと
> 文字のページが連続しちゃうのが気になりますね。
> (ずっとマンガだから、急に文字だけが連続しちゃうと
> 窮屈な感じがする)

そうですね、私も、72Pのほうがいいのではと思います。
ただ、結局、今日会社に行ったのですが正式な見積もりは出してもらうことができなくて、明日、代表の○○さんからお電話をいただくことになっています。
料金が決まりオーダーできるようになりましたら、決定したページ数をすぐ連絡いたしますね。

また、社長からの追加リクエストです。
(何度もほんとにすみません)
この冊子のことをいろいろ考えていて、「売り上げ金を困っている人たちに全額寄付したい」と思うようになったようです。
そこで、二人で相談しまして「年越し派遣村」を企画している団体に寄付しようということになりました。
先ほど先方と連絡をとり、小冊子にその旨と団体名を表示することに関して承諾もいただくことができました。

お手数ですが、最後のページの「定価360円」のところの下に、下記の文言を追加していただけないでしょうか?

————————————–
※この売上金は、「年越し派遣村」を企画・運営している「全国ユニオン」に全額寄付いたします。(詳しくは「http://××××」を参照)
————————————–

それでは、また連絡いたしますね。
ありがとうございます。

(以下、書名)

 

お客様からの返信メール/その31

うるの様
お世話になっております。
×××××の○○です。

○○印刷さんと交渉し、依頼内容が決まりました。
A5表紙カラー(アートポスト、クリアPP加工)
本文モノクロ(上質紙70k)
ページ数 72P
発注部数1000部

先ほど、先方へのお振込みを済ませましたので、データが準備できましたら、うるのさんから、○○印刷さんへのデータ入稿をお願い致します。
どうぞよろしくお願いいたします!

(以下、書名)

 

うるの送信メール/その26

うるのです。

> ○○印刷さんと交渉し、依頼内容が決まりました。

ご苦労様でした!
面倒だったでしょう。

> 先ほど、先方へのお振込みを済ませましたのでデータが準備できましたら、
> うるのさんから、○○印刷さんへのデータ入稿をお願い致します。

了解です。
72Pでまとめるために、面付を修正し直しているトコですが、月曜日にはできると思いますから、翌日の火曜日にでも、直接持っていこうと思います。

(以下、書名)

 

「うるの送信メール/その26」補足解説

 ようやく入稿できる状態になった。

 でも、すっごく心配だったからデータ入稿はオンラインではなく、直接届けることにした。
 何かね、予感があったのよ。もしかしてヤバイかもって。

 で、それは当たっていたのよ。

 

(「失敗社長編12:描きたいものを描けた幸せ」へ→)

 


※このブログに掲載されているほとんどのことは電子書籍の拙著『広告まんが道の歩き方』シリーズにまとめてありますので、ご興味がありましたら是非お読みいただけたら嬉しいです。他にもヒーロー小説とか科学漫画とか色々ありますし(笑)。

うるの拓也の電子書籍シリーズ各巻好評発売中!(詳しくはプロモサイトで!!)