広告漫画家物語21:あとがき

(←「広告漫画家物語20」に戻る)

 こんな手前味噌なモノを読んでくださった皆様、本当にありがとう。
 本シリーズ自体が「広告まんが道」という企画の膨大なあとがきみたいなモノだから、改めて書くことはあまりない。

 とにかく、今日までのボクはこんなふうだった。

 こんなコトがあったから、今の自分になった。今の作品が生まれた。

 それでいいと思っている。
 とにもかくにも、今日という瞬間を迎えられたのは、これまでのおかげだから。
 これからがどうなるかは全然わからないのだけど、今後も今日を乗り切りながら、生きられるだけ生きてみるしかないと思うんだ。

 やりたいことしか出来ないボクは、やりたいことだけをやろうとして足掻き続けてきた。
 やりたいことをやるために、やりたくないことをやったりもしてきた。

 キレイなままじゃないけど、汚れちゃったとも思っていない。

 汚れた身体は、生きている証だ。
 洗うことだってできる。
 何度だって再スタートできる。

 それを何度も経験してきた。
 だから、これからもそうありたい。

 これからも、そうさせてくれる新しい出会いがあるといいなぁ。
 ボクごときの力だけで、やっていけるはずがないもん。

 今までがそうだったように、これからも大勢の力を借りてボクは生きていく。
 ボクの「やりたい気持ち」を信じてくれる人々に支えられて生きていく。

 そういう人々と出会える生き方をしていたいと思う。

 


※このブログに掲載されているほとんどのことは電子書籍の拙著『広告まんが道の歩き方』シリーズにまとめてありますので、ご興味がありましたら是非お読みいただけたら嬉しいです。他にもヒーロー小説とか科学漫画とか色々ありますし(笑)。

うるの拓也の電子書籍シリーズ各巻好評発売中!(詳しくはプロモサイトで!!)