小説版イバライガー/第16話:時空突破(前半)

(←第15話後半へ)

スポンサーリンク

OP(アバンオープニング)

 ベッドでうとうとしていたクボデラヨリコは、母親の悲鳴で飛び起きた。

 あたりを見回す。
 いつの間にか夕方近くになっていて、部屋の中は薄暗い。
 物音はベランダからだ。母は、洗濯物を取り込むために出たのだろう。
 西日を遮るために下ろしていたブラインド・カーテンをあけた。
 母が、洗濯物を抱えたまま硬直している。
 脅えた目で遠くを見ている。

「お母さん! どうしたの!?」
 慌ててベランダに飛び出したヨリコは、母の視線を追いかけて、同じように硬直した。

 黒い球体が、空に浮かんでいる。風船なんかじゃない。ものすごく大きい。
 場所は……つくばの駅あたりだろうか。ここからは3キロくらい離れている。それでも、空を覆い尽くすほどの大きさに感じる。
 そして見ている間にも、少しずつ膨らんでいるのだ。ときどき稲妻のような光が走っている。
 異常気象どころじゃない。何か、ものすごく嫌なもの。

「お母さん! ヨリコ!!」
 父の声で、我に返った。リビングに飛び込む。父は、食い入るようにテレビを見ている。
 臨時ニュース。大通りを見下ろす映像。夕方とはいえ、まだ明るい時間のはずなのに夜のように暗い。
 煙も溢れていて、何が起こっているのか、よくわからない。

 それでも土浦学園線をまたぐ遊歩道の橋からの映像だと、すぐに気づいた。見慣れた風景が異様な状況になっている。
 サイレンが鳴り響き、逃げる人々が大通りに溢れ、車列は乱れ、あちこちでぶつかっている車も見える。
 その間を縫うように、人々が走る。信号も、横断歩道も無視して駅方向へと逃げていく。
 テロップには「茨城県つくば市街地に避難命令」「大規模テロ?」といった文字が流れ続けていた。

「お父さん、何が起こったの!?」
「さっき、映ったんだ。アレは……」

 父はテレビのチャンネルを変えた。どのチャンネルも、現場からの中継だ。

「違う、そこじゃない」つぶやきながらチャンネルを変え続けていた父の手が、止まった。
 ノバホール前の交差点を国際会議場方向へ曲がったところのようだが、辺りは大量の粉塵に覆われていてはっきりしない。
 それでもビルが一棟、崩れかけているのがわかった。あちこちで爆発も起きている。

 この場にそぐわない観光バスが数台、崩れ落ちるビルを囲むように停まっている。横倒しになっているバスもある。
 カメラは、それらを舐めるように映し、ビル、そして上空の黒い球体へとパンしていく。

「あっ、ソコだ、ヨリコ! 見ろ!」
 父がビルの屋上を指差した。人影? 黒、赤、オレンジ。
「あ、あれは……!!」

 思い出した。
 いや、口止めされていただけで、忘れられるはずもない。

 父のバードウォッチングに付きあって、霞ヶ浦湖畔に出掛けたときの事件。
 見たこともない化け物が現れて、自分たちも心を操られて……。

「お父さん! あのときの人たちだ!!」
「ああ、間違いない。きっと、あのときみたいなコトが起こったんだ……」

 父の声は、落ち着いていた。ヨリコも、不安が薄らいでいることに気付いた。
 あの人影を見たからだ。
 今はもう画面に映っていないが『彼ら』がいるのだ。

「二人とも何をしてるの! 早く避難しなくちゃ!?」
 母が悲鳴に近い声をあげた。

「落ち着け。こういうときはパニックのほうが怖いぞ」
 父が母の肩を抱いた。子供の前でベタベタするような両親ではないが、今はその姿が好ましく思えた。

「で、でも……ここも避難勧告が出ているのよ?」
「大丈夫だ、何も起こらない。みんな一緒にいよう」
「どうして? なんで何も起こらないって思うの?」

「……あの人たちがいるから」
 ヨリコはつぶやいた。

 自分と父は、恐ろしい事件に巻き込まれた。それはPTSDを引き起こしてもおかしくないほどの記憶だ。
 けれど、それよりも、必死に立ち向かう人たちの姿のほうが、ずっと強く印象に残っている。

 あのとき助けてくれた人たち。
 確かシンって呼ばれていた。

 もう一人の女の人はワカナ。
 そして赤とオレンジの、テレビの特撮番組に出てくるような謎のヒーロー。

 イバライガー。
 ヨリコは、その名をつぶやいた。

 今回は前よりずっと大きな事件だ。でも、いつか起こると自分は気づいていた。

 怖い。けれど、怖くない。あの人たちがいる。きっと負けない。
 必ず、私たちを守ってくれる。何故かわからないけど、そう信じている。

 父が、母の肩を抱いたままソファーに腰を下ろした。
 3人で、テレビを見つめる。

 イバライガー。

 ヨリコは、もう一度つぶやいた。

 

Aパート

「オレに合わせろ、ミニブラ。力を……使うぞ!」
「いつでもいいぜ! ブラック!!」

 激しくビル全体が鳴動していた。屋上も、あちこちが崩れ始めている。
 だが、イバライガーブラックも、ミニライガーブラックも、そんなことは気にも留めない。
 全神経を、上空の黒い球体に集中した。

 すでに、市街地の数ブロックを覆い尽くすほどに膨らんでいる。
 まもなく、あの中心に特異点が現出するだろう。

 その瞬間を突く。
 特異点が発生した直後に、オーバーブーストで増幅したブラックとミニブラックのフルパワーを叩き込む。

 エネルギーと質量は等価だ。ピンポイントに過剰なエネルギーを集中させれば、自らの質量によって縮退していく。
 ブラックホールと呼ばれる現象だ。
 それを引き起こす。特異点を、時空の向こう側へと崩壊させる。

「オーバーブースト……発動!!」

 声とともにミニブラックの動きが止まった。彼の意識はブラックの中に溶け込み、1つになった。
 それを確かめるように、ブラックがゆっくりと拳を引き絞っていく。
 その動きに呼応して、シンクロした二人のエキスポ・ダイナモが輝きを増していく。
 クロノ・スラスターが拡張し、唸りを上げる。二人の全エネルギーが、ブラックの拳に集積されていく。

 ブラックは一瞬、地上を見下ろした。

 シン、そしてイバライガーR。

 わかっているはずだ。この時を待っていたのだろう?
 期待に応えてやる。爆発は、止めてやる。
 後はお前たち次第だ。

 刹那を、掴んでみせろ。

 


「シン、ワカナ、離れていてくれ! ガールはウインド・フレアで、少しでも被害を食い止めるんだ! 私は……あの中に突っ込む!!」
「バカな! ブラックがオーバーブーストで狙っているんだぞ!! そこに飛び込むつもりなのか!?」
「あの黒いのの中がどうなってるかもわからないんだよ!?」

 イバライガーRは、空を見上げた。視界いっぱいに広がった巨大な暗黒。
 その中心に特異点が生まれるはずだ。そしてそこに、希望と絶望が眠っている。

 掴んでみせる。希望を。
 そして必ず『彼』を連れ戻す。

「もう時間がない。今やるしかないんだ。街を救いつつ彼を……初代イバライガーを呼び戻すチャンスは、今だけだ!」
「け、けど……」
「彼は必要だ。シンにもわかっているはずだ。たとえ私がどうなろうと、この機会を逃すわけにはいかないんだ」

 Rは、全員を見渡した。誰も口を開かない。
 危険すぎる。それでもやるしかないのだ。ここで躊躇すれば、初代イバライガーは永遠に戻ってこない。

「わかったわ、R。行ってきて。あなたが戻ってくるまで、私は絶対にここを支えてみせる!」
「ああ! 頼んだぞ、ガール!!」

 わずかに身構えた瞬間、二人のクロノ・スラスターが吠えた。

 


 イバガールは、ブラックのそばに着地した。
「いい、ブラック! 今から私の風で結界を作るわよ! タイミングを合わせて!!」
「知らん。お前の好きにするがいい」
「ったく! もぉいいわよ! いつもいつも勝手なんだから!! 時空旋風……エターナル・ウインド……」

 必殺技の発動モードに入ったガールの視界を、一瞬イバライガーRが横切った。
 赤い槍のように、球体へと突っ込んでいく。

「おおおおおおおおおおっ!!」

 Rは拳を引き絞った。
 その動きは、ブラックと同じタイミングだった。

「ふん、ようやく動いたか。いくぞR。この力、受け止めてみせろ」
「来い、ブラック!! 時空鉄拳……ブレイブ……インパクト……」
「時空雷撃拳……モード・オーバー……」

 3人の動きが重なった。
 それぞれの最大必殺技が、同時に発動する。

「……フレアァアアアア!!」
「……バァアアアニングゥウウ!!」
「……ブーストォオオッ!!」

 


 屋上から、凄まじい力が放たれるとともに、ビルが一気に崩壊した。

 シンとワカナは、激しい粉塵の中で祈り続けていた。

 ガールの風が、輝く粒子が、球体を包みこんだ直後、Rが突っ込むのが見えた。
 それを追って、ブラックのパワーが炸裂し、黒一色だった視界の全てが反転し、真っ白になった。何も見えない。

 オーバーブーストで増幅された時空雷撃拳は球体を突き破り、剥き出しになった特異点に撃ち込まれたはずだ。
 一瞬だけブラックホールと同じ状態になった空間は、周囲の大気を飲み込みながら蒸発する。

 全ては、ほんの一瞬。
 だが、特異点の中では一瞬と永遠は同じことだ。

 還って来い。彼と共に。
 祈り続けた。想いを届ける。
 応えてくれ。オレたちの想いに気付け。

 


 何も見えない。暗いのか、明るいのかもわからない。上下の感覚もない。時間さえない。
 止まっているのではなく、ないのだ。

 特異点に飛び込む直前、様々な想いを感じた。

 自分の中の何かが、それに反応している。前にも感じた、何かの意思。それが目覚めかけている。
 Rは、その感覚に身を委ねた。いや、身体という実体は、この世界では意味を成さないのかもしれない。

 それでもRは、その感覚だけに集中した。

 ゴゼンヤマ博士が託してくれたデータ。
 シンの想い。ワカナの想い。みんなの想い。自分の想い。何かの想い。
 その全てが1つに溶け合い、輝いている。

 Rは、その光に手を伸ばした。

 


 オーバーブーストが、球体を突き破った。
 球体の上方……地上と反対側の面が破裂したように吹き飛ぶ。球体は、その中心点に向かって急速に収縮しながら降下していく。
 消滅を免れた残がいが黒い渦となって、まるで台風が地上に降り立とうとしているようだった。
 渦の外周がイバガールの風と反応して、プラズマを発している。

 ルメージョは、それを見つめていた。現場からは、すでに数キロ離れている。

 地獄の蓋が開いたような光景。
 だが、見かけだけだ。本当の地獄は、こんなモノではなかったはずだ。

 イバライガーブラックのオーバーブースト。

 その力は知っていた。あのヒューマロイドが、この状況に介入してくることも予想していたはずだ。
 なのになぜ、それを見落としていたのか。
 自分は、心の何処かで、こうなることを望んでいたのか。

 心だと? そんなものはないはずだ。心などというのは、人間が生み出した幻想に過ぎない。
 肉体とは「そうしたシステム」に過ぎず、感情や思考は電気信号というだけのものだ。インプットに対するアウトプット。それだけだ。

 だがそれでも、ルメージョはイバライガーブラックに対して、何かざわめくものを感じる。存在しないはずの心が疼く。
 封じた『ナツミ』の意識が反応しているのだろうか。
 しかし『ナツミ』がナツミであった頃には、イバライガーブラックは存在していない。
 彼女は知らないはずだ。わからない。

 いずれにしても、球体は破壊された。
 究極の四天王『アザムクイド』を喚び出すことはできなかった。

 だが。

「……それでも結果は同じ。ほんの少し、時間が延びただけ。いや、あのまま世界が終わっていたほうが幸せだったかもしれないよ、シン、ワカナ……。少なくとも、おぞましい死に方をせずに済んだのに……」

 


 イモライガーは、必死に走っていた。

 直径1キロ以上に巨大化していた黒い球体は急速に縮んで、今は数十メートルになっていた。それが弾けながら落下してくる。
 近くのコンビニの陰に避難して見ていたのだが、今は現場に向かって走っている。

 怪我をした博士たちは、TDFの車で病院に搬送された。カオリも付き添わせた。
 というよりも、オニギリの頬張りすぎで呼吸困難になっていたので、見た目は一番重傷のように見えたのだ。
 搬送する隊員は、ほっぺたに付いたゴハン粒に怪訝な顔をしたが、ミニブラから預かったねぎが、そのゴハン粒をペロペロと舐め取っていたので、そのまま車に乗せた。
 カオリは朦朧とした意識でつぶやいていた。

「今です……今なら……」

 カオリがカオリなりに必死に計算したデータ。
 それはイバライガーたちに届いたらしい。
 スゴイものを見た。
 あのブラックと、Rとガールの合体攻撃。それが球体をぶっ飛ばした。

 そして弾け飛ぶ中に『ソレ』が見えたのだ。

 落ちたのは、あの辺とアタリを付けて、イモライガーは駆け出したのだった。
 普段は滅多に走らないのに、このシリーズではしょっちゅう走ってる気がする。

 ずっと隠れ家にしていたビルはすでに崩れ落ちて、瓦礫の山になっている。
 立ちこめる粉塵のせいで、息があまり吸えない。自分も呼吸困難になりそうだ。
 オニギリ食ってないのに。ちくしょう。

 それでも、瓦礫の山を登った。このへんだ。きっとこのへんに。

 足を取られて転げ落ちた。ヘルメットがすっぽ抜けて、とがった鉄骨に突き刺さった。
 ヤベ~~~! コェエエエッ!! 来なきゃよかった。

 けれど、身体は動いた。
 どんどん奥へと進む。いるはずだ。見えたんだ。
 幻でもいい。見つけちゃえば幻じゃなくなる。

 シャッターがひしゃげ、クルマがひっくり返っていた。
 その陰。

 イモライガーは、何故か確信していた。
 そこに、いる。

 駆け込んだ。
 とたんに、何かにぶつかってはじき飛ばされた。
 四つんばいになって、目を開けた。目の前に二本の足がある。それを辿っていく。
 腰。ベルト。甲冑。全部黒い。黒い?

「ふん、確かお前はイモライガー……だったな?」

 うわぁああああ! イバライガーブラック!?
 やっぱ来なきゃよかった!!

「逃げるな。死ぬぞ」
 う、動けない。最悪だ。ジャークのほうがマシ。

「いいか、ここを動くな。お前に預ける。オレはもうしばらく忙しいんでな」

 言い放って、ブラックは立ち去った。その気配が遠のくまで、イモライガーは本当に動かなかった。
 かなりの時間が過ぎてから、恐る恐る振り返った。
 黒いモノはいない。地面に赤い腕がチラっと見えるだけだ。ホッとした。

 ……赤い腕?

 イモライガーは慌てて駆け寄り、瓦礫をかき分けた。

 


「ガールッ!!」

 イバガールが地上に降り立ち、そのまま倒れた。エネルギーを使い果たしているのだ。
 シンとワカナは駆け寄り、抱き上げた。

「大丈夫か、ガール!?」
「え……えへへ……二人の『感情』は、いつもながら気持ちいいなぁ。大丈夫よ。しばらく休んでいれば、元に戻るわ」
「Rは? ブラックは?」
「わから……ない。でも、黒いのは、もう消えた……はず……よ」
「わかった、もう喋るな。休んでくれ」
「Rたちを探してくるからね。動いちゃダメよ。シン、あんたはここでガールを見てて」
「一人で大丈夫か?」
「もうルメージョもいないようだし、黒い球体も消滅したでしょ。何かいたとしても、残りはザコよ。名前のない技しかないシンと違って、ワカナさんはしっかりしてるからね」
「ほっとけ!」
「とにかく行ってくるわ」

「ダメだ、動くな」

 ふいに瓦礫の山の中から、声が割り込んできた。
 瓦礫が崩れる。

 ミニライガーブラックだった。
 三体のミニライガーを背負っている。

「無事だったか! ミニライガーたちは……」
「心配いらねぇよ。溜め込んでいたエネルギーは解放しちまったからな。元に戻るまでには時間がかかるだろうけど、ほっときゃそのうち復活するって」

 乱暴な言い草だが、その通りだった。
 ナノパーツのプログラムを元に戻して、エネルギーを補給すれば、ミニライガーたちは元通りのはずだ。

「ありがとう、助け出してくれたのね」
「へへ、コイツらはオレ様の子分だからな。そういや、ねぎは?」
「カオリに預けてあるから、今頃は病院のはずよ。大丈夫、ねぎも怪我はしてないから」
「そっか。とにかくオマエら全員、動くなよ。ヤベェのは、これからだぜ」
「なんだと?」

 突然、大きな振動が起こった。
 地面がひび割れ、周囲が震えている。地震ではない。大気も含めて、空間そのものが振動しているのだ。
 同時に、凄まじい瘴気が吹き出した。
 液状になって降り注いだ黒い球体の残がいが、一点に集まっていく。
 悪意だ。凄まじい悪意が凝縮し、形を成そうとしている。

「こ、これは……まさか……!?」
「この感じ……知ってる……。前とは比べ物にならないけど……!!」

 瓦礫の山が爆発した。破片が降り注ぐ。
 シンとワカナは、とっさにエモーション・フィールドを展開し、全員を守った。
 ガールも、ミニブラックも、もうほとんどエネルギーがないのだ。

 粉塵と、それ自体に圧力を感じるほどに濃密になった瘴気が、周囲を闇に引き戻した。
 その闇の中心に、凶暴な意思を感じる。

 いる。
 見えないが、それは確実だった。
 しかも最悪の奴だ。

 粉塵の中から、何かが飛び出してきて、転がった。

 イバライガーR!?
 ぴくりとも動かない。まさか、まさか……!?

「……すでにくたばったか。ソイツには借りがある。このオレの手で引き裂いてやりたかったのだがな……」

 この声。忘れもしない。
 粉塵の中から歩み出てきた姿を見るまでもない。

 ジャーク四天王ダマクラカスン。

「貴様……生き返ったのか。よくもRを……!!」
「それはオレのセリフだ。貴様らこそ、ルメージョの邪魔をしてくれたようだな。だが無駄なことだ。オレが復活した以上、貴様らには何の希望もない。この世界を破壊する。このオレが、全てを根絶やしにしてくれるわ!!」

「そんなこと、させるかよ!!」
 ミニブラックが突っ込み、拳を撃ち込んだ。
「ふん、何も感じないぞ、小僧。人間と変わらぬではないか。どうやらエネルギーを使い果たしているようだな」

 ダマクラカスンは、ミニブラックの腕を掴んで、無造作に投げ飛ばした。崩れた壁に叩き付ける。
 瓦礫の雨が容赦なく降り注ぎ、ミニブラックの身体を埋めた。
「ぐっ……ち、ちくしょお……」

「力を失ったガラクタ共と、取るに足らないニンゲンしかいないのか? せっかく復活したのだ。もう少し楽しませてほしいのだがな」
 ダマクラカスンがRの身体を踏みつけた。
「て、てめぇえええええ!!」
 シンは怒りに震えて立ち上がろうとした。
 その頬を光弾がかすめた。光弾はそのままダマクラカスンの眉間へと奔ったが、寸前で掴み取られた。

「誰だ? 出てくるがいい」
 振り返った。モヤの中から、黒いボディが歩み出てくる。

「引っ込んでいろ、シン。そいつはオレの獲物だ」
「イ、イバライガーブラック!?」

 ブラックは真っ直ぐに、ダマクラカスンへと向かっていく。
 シンたちのそばを通り過ぎるとき、静かにつぶやいた。

「Rは、届いたようだ。今はイモライガーに預けてある。早く行け」
「届いた? 預けてある? そ、それじゃ……!?」

 ブラックは応えず、ダマクラカスンと対峙した。
「オレは他の軟弱な連中とは違うぞ。遊んでみるか、ジャーク四天王?」

 相変わらず、凄まじい圧力だった。そこにいるだけで、重圧に押し潰される。
 シンには、気が充満していくのが見えるようだった。周囲の風景が歪んで感じられる。

「ふん、貴様がイバライガーブラックか。だが、強がって見せても、貴様もエネルギーはロクに残っておるまい。さっきの大技で使い切っているのはわかっているぞ」
「それでも、お前を殺すくらいのことはできる」
「おもしろい! やってみせろイバライガーブラック!!」

 気が弾けた。
 同時に二つの影がぶつかった。

(後半へつづく→)

 


※このブログで公開している『小説版イバライガー』シリーズは電子書籍でも販売しています。スマホでもタブレットでも、ブログ版よりずっと読みやすいですので、ご興味がありましたら是非お読みいただけたら嬉しいです(笑)。

うるの拓也の電子書籍シリーズ各巻好評発売中!(詳しくはプロモサイトで!!)