うるの拓也の電子書籍シリーズ各巻好評発売中!(詳しくはプロモサイトで!!)

イバライガー連載小説

(←第9話:前半へ) Bパート  外に出たとたんに、Rは『己の分身』の気配を感じ取っていた。  やはり、気づかれていた。そして、待っている。  ブラックもまた、分かっているのだろう。  自らの分身を砕かぬかぎり、我々を止められないことに。  受けて立つしかなかった。  戦いを避けようとすれば、ブラッ ...

イバライガー連載小説

(←第8話:後半へ) OP(アバンオープニング)  闇の中に漆黒が佇んでいる。  光が灯った。エモーション・ブレイド。  ブレイドの光に、イバライガーブラックが亡霊のように照らし出された。  周囲に敵はいない。  左腕を伸ばした。その腕を右腕が一閃する。  体液が飛び散り、左腕が、地面に落ちた。   ...

スポンサーリンク